My Photo

« 再稼働なしで今夏の電力は足りる(関電版) ISEP | Main | 尖閣 「都が土地買取」の「?」 »

「イラク米兵」と「原発労働者」

 財界、政府、メディアが一体となった「利益共同体」が「ウソ」「ゴマカシ」で事をすすめ、後始末(復興)でも利益をえる。格差と貧困が拡大する中で、若者が危険の地にいかさる。---「戦争ビジネス」と「原子力村」
イラクに派兵された米国の若者が、福島の原発労働者のことを「俺達とまったく同じだ」と語った。---堤未果ささんの「政治は必ず嘘をつく」のエピローグに出てくる。

 本は、いかに財、政、学、メディアが一体となり、情報が操作され、世論が方向付けられているか。9.11後のアメリカで何がおこったかを丁寧に追っている。
原発事故、カトリーナ被害からの復興、イラク戦争、NATA(TPP)、公務員バッシング、リビア・シリアの「民主革命」、「99%」などを例に、日本の3.11後に引き寄せてとりあげている。
 
 一部の巨大資本、多国籍企業と、国を問わず、圧倒的多数の世界の人々との対立であるにもかかわらず、その真の姿がごまかされ、分断されている。

そして、それを許しているのは、国民の無知と無関心、思考停止である、と・・・(伊丹万作氏は、戦争責任について「だまされない責任」を語った。)

内田樹さんは「呪いの時代」で、「他者を非難し、中傷し」「相手が傷つくさまや評価が下がることに快感を覚え」る、本当の自分はこんなはずじゃないという「肥大化した自尊感情」をとりあげている。

この「肥大化した自尊感情」を生み出すのは、人間性の否定、希望の持てない未来という現代資本主義に根っこがある。このうっ積した思いが巨大資本によって、楽々と操作され、方向付けられているのではないか。

 情報操作、一面的報道に対し、歴史に学び、複眼で見て、深く考えることの必要性… 孫崎享氏の「不愉快な現実」とも通じる。

« 再稼働なしで今夏の電力は足りる(関電版) ISEP | Main | 尖閣 「都が土地買取」の「?」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「イラク米兵」と「原発労働者」:

« 再稼働なしで今夏の電力は足りる(関電版) ISEP | Main | 尖閣 「都が土地買取」の「?」 »

November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ