My Photo

« 麻布校長 卒業式での「国旗国歌の遵守」は教育への統制手段 | Main | 橋下ブームと「自治体労働者とディーセントワーク」 »

大飯原発 耐震安全性で、制御棒挿入時間を「改ざん」

 保安院の数度の審議、安全委が確認したSs700ガルに対する大飯3・4号機の制御棒挿入時間2.16秒」を、ストレステストにあたって「1.88秒」に短縮。3連動の地震に対しても「許容値2.2秒」を満たすためにコッソリ入れ替えたと市民側が抗議。許容時間を越えると運転できないことを保安院は事実上認めた。FOE JAPANの政府交渉レポートより。
 しかし、原発行政の不信を高めるだけ・・・墓穴を掘るとはこのこと。
【政府交渉:大飯原発3・4号機再稼働問題~制御棒の挿入評価値で赤信号 FOE JAPAN3/27】

【政府交渉:大飯原発3・4号機再稼働問題~制御棒の挿入評価値で赤信号 FOE JAPAN3/27】

政府交渉では、制御棒の挿入時間について、耐震バックチェック中間報告で示された「2.16秒」がいつのまにか「1.88秒」に切り下げられた点が焦点となりました。
 政府側は、1.88秒は関電から聞いたものをそのまま、参考として、安全委員会の委員会資料に掲載、正式な報告を受けたものではないと説明しました。
 市民側はこれに反発、当該資料から「1.88秒」に関する記述を削除することを要請し、政府側は「検討する」と回答しました。

1.制御棒の挿入時間の切り下げ(2.16秒→1.88秒)について

・Ss700ガルに対する大飯3・4号機の制御棒挿入値「2.16秒」は、耐震安全性評価として保安院が2010年に数度の審議を経て了承し、安全委員会が確認した数値である。
・これに対し、2012年3月13日に安全委員会ストレステスト検討会で提出された「総検第5-3号」(p.7および添付-2)に記載された「1.88秒」は、関西電力が作成した値。正式な報告は受けていない。保安院は検討・評価した値ではない。「1.88秒」は、3月13日の少し前に関電の担当者から保安院の名倉繁樹・安全審議官に伝えられた。
・保安院は、「『2.16秒』は、保安院として審議を経て了承した正式な値である」と述べた。
・市民側は、「この『1.88秒』は、関西電力・保安院が、活断層の3連動評価をおこなったとしても許容値2.2秒を満たすために、意図的に安全委員会に提出したもの」と抗議。当該数値が掲載されている箇所を削除し、釈明をすることを要求。
・保安院は検討すると回答した。
・市民側は、安全委員会に対して、報告を受けていないものを安全委員会の検討会の資料として保安院が提出したという事実が明らかになったことを踏まえ、安全委員会として、当該資料の再提出と説明を求めるようにと要請した。
・安全委員会は、持ち帰って検討すると回答した。

 (その前のレポートでの説明では・・・以下の「 」となっている。)

「耐震安全性に新たな疑惑
 
 大飯原発周辺の3つの活断層について、関電は連動評価の必要はないとの立場ですが、福島事故を受けて開かれている活断層の意見聴取会において、委員全員が 連動評価を要求しています。3連動評価は必至の状況です。
 その場合、基準地震動は耐震バックチェック中間報告で設定した700ガルから1000ガルに増え、その場合に、中間報告でギリギリの評価であった制御棒挿入時間が、許容値を確実に超えます。許容値2.2秒に対して700ガルでの従来の評価値2.16秒、1000ガルでは 2.35秒で、許容値を確実に超えてしまいます。大飯原発3・4号機は耐震安全性 が保証されない状況にあり、これだけでも再稼動はできないはずです。
 関電はこれを免れるために、2月末に700ガルの評価値を1.88秒とする評価をつくり、保安院はこれを、原子力安全委員会のストレステスト検討会の資料にこっそりと入れ込み、検討会の委員を煙に巻いていたことが明らかになりました。
1 年かけて審議し評価した2.16秒という評価値を1.88秒にすり替え、3連動の評価が迫られてもかわすことができるようにしていたのです。」

2.制御棒の挿入時間が許容値2.2秒を超えたらどうなるか

・保安院は、制御棒の挿入時間の評価値が許容値2.2秒を超えないことを確認している、と述べ、許容値を上回れば原発の運転ができない判断をしていることを事実上認めた。

3.地元了解の範囲について

・資源エネルギー庁は、下記のように述べた。
「地元合意の地元の範囲はまだ決まっていない。福井県とおおい町だけと決まっているわけではない」
「福井県小浜市では、住民向けの説明会を行う。やり方については市と相談する。」

・市民側は滋賀県や京都府、大阪などの近隣府県でも市民が参加できる説明会を求めた。資源エネルギー庁は、この要望については、上に伝え検討すると答えた。

・原子力安全委員会は、運転再開については、安全協定が結ばれる地域への説明と理解が必要であることを認めた。福島みずほ議員から、説明と理解だけではなく、地元の同意が必要であることを強く求めた。

・宮津市長から要請のあった宮津市民への説明については、東京の保安院から説明に行くことを検討すると回答した。

4.ストレステスト評価について

 安全委員会は、「保安院のプロセスを確認したのであり、安全性の判断は行っていない」と述べた。
また、「一次評価のみでは不十分で、安全性の評価は一次と二次をあわせなければ出せない」と述べた。


【政府側出席者】
資源エネルギー庁 原子力立地・核燃料サイクル産業課係長 吉田利幸
原子力安全・保安院 耐震安全審査室、上席安全審査官 御田俊一郎
原子力安全・保安院 原子力安全技術基盤課 企画班長 田口達也
原子力安全委員会 管理環境課 課長補佐 栗原潔
原子力安全委員会 審査指針課 安全調査官 柏村博之
原子力安全委員会 規制調査課 規制調査官 猪俣勝己


【主催団体】
美浜・高浜・大飯原発に反対する大阪の会(美浜の会)/福島老朽原発を考える会(フクロウの会)/
国際環境NGO FoE Japan/国際環境NGO グリーンピース・ジャパン/グリーン・アクション

【問合せ】
国際環境NGO FoE Japan 満田(みつた)
090-6142-1807

« 麻布校長 卒業式での「国旗国歌の遵守」は教育への統制手段 | Main | 橋下ブームと「自治体労働者とディーセントワーク」 »

原発・エネルギー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大飯原発 耐震安全性で、制御棒挿入時間を「改ざん」:

« 麻布校長 卒業式での「国旗国歌の遵守」は教育への統制手段 | Main | 橋下ブームと「自治体労働者とディーセントワーク」 »

December 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ