My Photo

« 消える年金? 「一体改革」 | Main | 「脱原発」へ共同意見書 神戸、大阪、京都市 »

学力格差 「拡大している」4割  民間調査

  新教育課程導入の状況をベネッセ教育開発研究センターの調査。「授業についていけない児童」増加26.3%、「児童間の学力格差」拡大40.1%、「教材研究・教材準備の時間が十分とれない」が約9割と、格差社会、貧困な教育予算の影響がうかがえる。
「新教育課程に関する校長・教員調査、保護者調査」2/15 ベネッセ

◇一月期の授業/「進度に遅れ」 国語41.5%、算数27.0%

・約半数が学校が国の標準授業時数より多い設定しているのに「遅れている」。
・「遅れ」の原因 「内容や教科書の分量が多い」(国語60.7%、算数57.6%)
        「児童間の学力差が大きい」(算数71.2%、国語47.3%)
・「遅れ」の対策 「授業の速度を速める」「重点を置く単元を儲ける」など。
54.7%の学校が「長期休暇中の学習指導の実施」を予定

◇「授業についていけない児童」増加26.3%
「児童間の学力格差」 拡大40.1%。「疲れている児童」増加39.3%

◇「教材研究・教材準備の時間が十分とれない」 約9割(「とても」+「まあそう思う」)
 思考力、判断力、表現力等の育成への不安を6-8割の教員が抱えている。

◇「小学校の学習量」 「今くらいがいい」 66.5%の保護者
  「今より増やしたほうがよい」は28.6%

« 消える年金? 「一体改革」 | Main | 「脱原発」へ共同意見書 神戸、大阪、京都市 »

教育・子育て」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/54090912

Listed below are links to weblogs that reference 学力格差 「拡大している」4割  民間調査:

« 消える年金? 「一体改革」 | Main | 「脱原発」へ共同意見書 神戸、大阪、京都市 »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ