My Photo

« 消費税10%で、雇用100万人以上、税収2兆円以上の減少 労働総研 | Main | 「国の出先機関廃止」がもたらすもの 自由法曹団 »

金融資産なし過去最悪の約29% 格差拡大

 金融広報中央委員会二極分化くっきり。「家計の金融行動に関する世論調査」
・二人世帯以上 金融資産なし28.6%と過去最悪。平均額1150万円(前年1169万円)、中央値420万円(同500万円)、 金融資産を持つ世帯の平均保有額は最高の1659万円(同1542万円)。
・単身世帯 金融資産なし 38.7%、全世帯平均641万円(前年684万円)、中央値60万円(同 80万円)
【金融資産なし、28.6%=過去最悪に拡大―金融広報委 時事2/22】
「家計の金融行動に関する世論調査」(2人世帯以上)
「家計の金融行動に関する世論調査」(単身世帯)
 ・・・追加のレポート(3/1)
【「貯蓄なし」世帯3割の驚愕 第一生命経済研究所2/27】

餓死、凍死、孤立死・・・ 病気、障害をもった弱者を襲っている。福祉が機能していない。生活保護が過去最高というが、人口比では、最高時の2/3である。高齢化の進展、貧困の拡大を考えれば、どうなのか。「貧困」をなくすことが政策の柱に座らなければならない。

【金融資産なし、28.6%=過去最悪に拡大―金融広報委 時事2/22】

 金融広報中央委員会(事務局・日銀)は22日、「家計の金融行動に関する世論調査」(2011年)の結果を発表した。2人以上の世帯で、預貯金や株などの金融資産を「保有していない」と回答した割合は、前年比6.3ポイント上昇の28.6%と過去最悪を記録。一方、金融資産を持つ世帯の平均保有額は最高となり、二極化が進んだ。
 金融資産の非保有世帯は03年以降、おおむね22%程度で推移していたが、今回調査で急増した。同委員会は「理由は分からない」としているが、不況の深刻化や賃金カットなどで所得が減少し、預貯金を維持できなくなった世帯が増えた可能性がある。
 一方、金融資産がある世帯の平均保有額は、前年比117万円増の1659万円と過去最高を記録した。非保有世帯も合わせた平均保有額は、1150万円(前年1169万円)と減少。全世帯を保有額順に並べた時の中央値も420万円(同500万円)と大幅に下がった。


« 消費税10%で、雇用100万人以上、税収2兆円以上の減少 労働総研 | Main | 「国の出先機関廃止」がもたらすもの 自由法曹団 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 金融資産なし過去最悪の約29% 格差拡大:

« 消費税10%で、雇用100万人以上、税収2兆円以上の減少 労働総研 | Main | 「国の出先機関廃止」がもたらすもの 自由法曹団 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ