My Photo

« 依然、異常な長時間労働 労働総研 | Main | 経済政策の中心に雇用を位置づける(メモ) »

TPP 遺伝子組み換え作物 日米企業の連携

 TPP推進の旗を振る経団連会長の出身企業・住友化学と、米遺伝子組み換え作物の大手モンサント社(枯葉剤でベトナム戦争に「貢献」)が、昨年10月、長期協力契約を結んでいる。
 “農作物保護(雑草防除)分野におけるモンサント社との長期的協力関係について”

 「遺伝子組み換え食品」の輸入を制限することはもちろん、その使用を表示しただけでも・・・売り上げがのびない、落ちたのは、「非関税障壁だ」と、ISD条項を使って「国際投資紛争センター」に訴えら敗北はまちがいない。
 多国籍企業に、国益は関係ない。TPPの言う貿易自由化は、「多国籍企業のための貿易自由化」である。

 モンサントは、自社製品の強力な除草剤ラウンドアップに耐性を持つ遺伝子組み換え種子を開発(種子は一代限りで、次世代の種子は残さないため、毎年購入が必要になる)し、セットで販売している。
 遺伝子組み換え食品は、安全性とともに、耐性種の発生などによる生態系のかく乱や土壌劣化など様々な問題点が指摘されている。以下のサイトが詳しい。

 【農業情報研究所 遺伝子組み換え(GM)作物のリスクに関する研究・レビューに関連する記事の索引】

« 依然、異常な長時間労働 労働総研 | Main | 経済政策の中心に雇用を位置づける(メモ) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

環境・農林漁業」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference TPP 遺伝子組み換え作物 日米企業の連携:

« 依然、異常な長時間労働 労働総研 | Main | 経済政策の中心に雇用を位置づける(メモ) »

September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ