My Photo

« F35 違憲、浪費の「選定」 | Main | TPP 交渉内容は「極秘」の合意 »

教育費負担 収入の37.7%

 毎年の政策金融公庫の調査。在学費用は、額では17.5万円減少しているが、高校から大学までで子ども1人あたり1千万円強。一方、収入に対する比率は過去最高水準の37.7%と前年0.1ポイント増。低所得者層ほど重く。「年収200万円以上400万円未満」の世帯における在学費用の割合は57.5%。

【高止まりする家計の教育費負担  政策金融公庫11/16】

教育費の不足分の捻出は、「教育費以外の支出を削っている(節約)」が62.2%が最多。内容は「旅行・レジャー費」61.6%、「外食費」49.3%、「食費(外食費を除く)」47.9%と… 内需低迷になるはず。

 以下は、まとめの部分

【高止まりする家計の教育費負担  政策金融公庫11/16】

~教育費は減少に転じるも、世帯年収に占める割合は過去最高水準で推移~

「教育費負担の実態調査結果(国の教育ローン利用勤務者世帯)」(平成23年度)

1 高校入学から大学卒業までの費用は減少し、子供1人当たり1,042万円
○ 高校入学から大学卒業までに必要な費用は、子供1人当たり1,042.3万円となっており、前年調査(1,059.8万円)と比べ17.5万円減少している。
○年収階層別にみると、特に「年収800万円以上」の世帯は1,140.7万円となっており、前年調査(1,228.5万円)と比べ大きく87.8万円減少している。

2 在学費用は世帯年収の37%を占め、過去最高の水準で推移
○ 在学費用の年収に対する割合は、平均で37.7%となっており、前年調査(37.6%)と比べ0.1ポイント増加している。
○ 年収階層別にみると、年収が低い世帯ほど負担は重くなっており、「年収200万円以上400万円未満」の世帯における在学費用の割合は57.5%と、年収の半分以上を占めている。
○ 世帯年収(平均)は、566.9万円となっており、前年調査(572.5万円)と比べ5.6万円減少している。

3 節約や奨学金により教育費の不足分に対応
○ 教育費の不足分への対応としては、「教育費以外の支出を削っている(節約)」が62.2%と最も多い。以下「奨学金を受けている」が56.5%と続いている。
○ 節約している支出としては、「旅行・レジャー費」が61.6%と最も多く、以下「外食費」が49.3%と続いている。
○ 年収階層別に教育費の捻出方法を平成19年度と比較すると、「年収800万円以上」の世帯において、「奨学金を受けている」が15.5ポイント増加しており、「預貯金や保険などを取り崩している」が12.0ポイント減少していることが目立つ。

« F35 違憲、浪費の「選定」 | Main | TPP 交渉内容は「極秘」の合意 »

教育・子育て」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/53540870

Listed below are links to weblogs that reference 教育費負担 収入の37.7%:

« F35 違憲、浪費の「選定」 | Main | TPP 交渉内容は「極秘」の合意 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ