My Photo

« 県議会 「自立」を強調する自民党だが・・・ | Main | 日本の放射能規制値「理解できない」 ベラルーシ専門家 »

電気代 大企業に大安売り  

 今朝の赤旗の記事。東電の経営・財務調査委員会の報告書によるもの。
 電気料金は、総括原価方式による家庭などの規制部門と、個別交渉によって決まる企業向けの自由化部門にわかれる。
 過去5年の実績平均で、販売した電力量は、自由化部門62%、規制部門38%。ところが電気事業の営業利益に占める割合は、自由化部門9%、家庭部門91%となっている。

 販売量と利益を単純に比較すると、自由化部門の電気料金は、規制部門の16.5分の1、わずか6%ということになる。
 
 そもそも日本の電気代は、米国、韓国の2倍近い。

  それでも財界は騒がない。地域独占と総括原価方式で、利益を確保し、高コストの納品(営業コストはすべて電気代に転嫁できる。電気代に含まれる適正利益は、営業資産に3%をかけたもので、原発など高額の施設ほど利益がでる。)や株式配当で利益を共有しながら、自由料金で大サービスを受けているからだろう。
 
  

« 県議会 「自立」を強調する自民党だが・・・ | Main | 日本の放射能規制値「理解できない」 ベラルーシ専門家 »

原発・エネルギー」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/52979078

Listed below are links to weblogs that reference 電気代 大企業に大安売り  :

« 県議会 「自立」を強調する自民党だが・・・ | Main | 日本の放射能規制値「理解できない」 ベラルーシ専門家 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ