My Photo

« ジェンダー平等は日本社会再生の鍵 備忘録 | Main | 増税論議の前提・・・先進国最低の「所得再配分機能」 »

原発で「偽装請負」  労働者切捨て横行

 国策として進め、一流メイカーが官吏運営している原発で、「個人事業主」を偽造させるなど労働者を切り捨てている実態が報道されている。
 だいたい直接指揮命令しなければ、正しい作業はできないのは明白ではないか。
【原発で「偽装請負」 県出身者ら証言 琉球新報9/26】

 日弁連の原発労働問題のシンポジウムで、福島県いわき市の渡辺博之・日本共産党市議は、以下のように告発している。

 “重層的下請け構造は6次、7次にまで及び、東電は労働者1人当たり5万~10万円の日当を支払っているのに、中間搾取され、末端の労働者が受け取る日当は6500~1万2000円程度、過酷な状況のなか被ばくしながら働いても何の補償もない”

【原発で「偽装請負」 県出身者ら証言 琉球新報9/26】

 深刻な事故となった東京電力福島第1原子力発電所など、全国各地の原発で被ばく作業に従事する原発労働者の一部が「偽装請負」の形態で労働していることが、25日までに複数の元原発労働者の証言で明らかになった。勤務先の4次、5次の下請け協力企業からさらに仕事を請け負う形で、個人事業者として名前だけの「ペーパー会社」をつくらされて独立していたが、仕事の内容は従来のままだった。最も安全性が求められるべき原発で、使用者が実質的に労働者を雇用していながらも雇用保険や被ばくの責任を免れるため、「請負」や「委託契約」の形で働かせるというずさんな労働環境の実態が浮き彫りになった。

 中部電力浜岡原子力発電所などで勤務歴のある川上武志さん(64)=静岡県御前崎市=や、浜岡原発の協力企業で勤務していた県出身男性(72)らが証言した。
 また、この県出身男性は「原子炉内とか線量が高い所は県出身者が多く、浜岡だけで200から300人はいた。名前を見てすぐ分かった」と証言。「独立させられる人もいた。理由も知らずに…」と高放射線エリアで従事させられる県出身者が「偽装請負の餌食」になっていると明かした。
 川上さんらは10年以上原発に勤務経験がありながら、雇用保険や厚生年金が未加入だったため待遇改善を求めたところ、勤務先から「独立」を勧められた。名目上は事業主となったが、給与は上がらず元の勤務先の監督下での作業に変わりはなく、労働条件は一向に改善しなかったという。
 放射線被ばくにさらされる原発労働者らには「放射線管理手帳」が手渡され、原則として5年間で100ミリシーベルト、1年間で50ミリシーベルトの線量限度を超えないように管理されている。限度を上回ると被ばくする場所、原発内での勤務が不可能となる。そのため、川上さんらは「高レベルの場所で働かされて、使えなくなると切り捨てられる」と語る。

 企業が労働者を雇用する場合、労災や雇用保険の加入義務が生じ、一定の条件で厚生年金などの社会保険の負担が必要。しかし、労働者が「独立」した事業主と位置付けて「請負」や「委託契約」の形態をとることで、労災などの義務を免れる「偽装請負」が問題化している。
 原発労働者を追い続けている写真家の樋口健二さんは「原発の下請け会社は労働者から搾取して、ぼろ雑巾のように使っている。原発は国策であり、国はきちんとこの問題と向き合わなければならない」と指摘した。(仲村良太)

« ジェンダー平等は日本社会再生の鍵 備忘録 | Main | 増税論議の前提・・・先進国最低の「所得再配分機能」 »

原発・エネルギー」カテゴリの記事

雇用・労働」カテゴリの記事

Comments

日清食品で酷い偽装請負が行われてます→http://blogs.yahoo.co.jp/shimada0029

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/52835870

Listed below are links to weblogs that reference 原発で「偽装請負」  労働者切捨て横行:

» ピンハネ率93%・核燃料プールに潜る外国人労働者-重層的下請構造で使い捨てられる福島原発労働者 [すくらむ]
 一昨日(8月4日)、日弁連主催の「原発労働問題シンポジウム」に参加しました。とても内容の濃いシンポジウムでしたが、なかでも福島原発労働者からの相談活動を事故前から日常的に取り組まれている福島県いわき市の渡辺博之市議による「原発労働問題~現場からの報告」は、驚... [Read More]

« ジェンダー平等は日本社会再生の鍵 備忘録 | Main | 増税論議の前提・・・先進国最低の「所得再配分機能」 »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ