My Photo

« 泉南市プール死亡事故 またも民間委託の犠牲 | Main | 「共産党排除」が生み出した原発事故 »

泉南市プール死亡事故 市と業者の主張に違い!

 事故当時、1人しかいない監視員がロッカーの修理で不在。監視員が誰もいなかった。業者側が、委託費が安すぎて人を構えられないと、報告していたという。命に対する軽さ。【学校プールで小1水死、周辺に監視員不在…大阪 読売8/3】
 その「報告」に対し、業者と市教委の主張が違っている、そのこと。同市の大森和夫議員はこう報告している。

 教育委員会の質疑の模様。
“業者は、「監視員の不足は5年前から常態化している。市の委託料が安いため、十分なアルバイト料が出せずに、監視員が集まらなかった。このことは、教育委員会のプールの担当者に伝えてきた。
プールの一般開放を中止するという話もなく、監視員不足は、教育委員会も黙認していると思っていた」と述べました。
一方、教育委員会の幹部は、「委託料が安いため、監視員の不足する、という報告は受けていない。業者から報告を受けたという担当者に確認し、新たに報告する」と述べました。 ”

 予見可能性から言って<、交通事故にたとえるなら、“危険「委託」致死罪というべき内容。

 あとで気がついたが、ふじみ野プール事故と同じ日の悲劇。全国で様々事例が出ているのに、「安かろう、悪かろう」を承知で、推進した当局の責任は重大。地方自治体の役割は何か!

 地方自治法には、「福祉の増進」とある。3.11を契機に、公務の役割をしっかりさせる、その方向での見直しの必要を感じる。

【学校プールで小1水死、周辺に監視員不在…大阪 読売8/3】  大阪府泉南市立砂川小学校のプールで7月31日、同小1年生(7。名前は伏せました)が溺れて死亡する事故があり、市教委から監視などを委託されていた同市のビル管理会社「ダイショウコーポレーション」の南寿典社長(35)が3日、記者会見し、プール周辺に監視員がいなかったことを明らかにした。  南社長や市教委によると、市は同社と計8人で監視業務を行う契約をしていたが、同社は事故当日、6人で業務を開始。25メートルプールには本来は4人のところを1人しか配置せず、その1人がロッカーのカギを修理するために管理室に行っていた間に、保苅君が溺れたという。管理室には当時、ほかに4人がおり、さらに1人が別の小プール周辺にいた。

« 泉南市プール死亡事故 またも民間委託の犠牲 | Main | 「共産党排除」が生み出した原発事故 »

地方自治」カテゴリの記事

公務の民営化」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 泉南市プール死亡事故 市と業者の主張に違い!:

« 泉南市プール死亡事故 またも民間委託の犠牲 | Main | 「共産党排除」が生み出した原発事故 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ