My Photo

« すでに脱原発依存 73%停止 | Main | 汚染拡大の危険。なぜ止まらない「ひまわり作戦」 »

自民党の国会議員・県議 外国企業から献金

 福井照・自民党衆院議員(高知1区)が、在日韓国人男性が経営するパチンコ会社から750万円の献金を受けていた。また、西森潮三・自民党高知県議も06~09年も同じく1550万円を受け取っていた。
 国会で、民主党の外国人献金問題(菅首相・104万円、前原前外務大臣・20万円、いづれも個人)を、震災問題を脇においても追及している自民党であるが・・・ 額も多いし、時期も政権党の時である。さて2人をどう処分するのか、また全国的な調査は命じないのでしょうか。 
【福井照氏にも〝外国献金〟高知新聞8/6】
【高知県議〝外国企業〟から献金 高知新聞 7/29】

 とくに、西森県議の献金のうち、500万円は、07年に自民党高知県連が献金をうけ、同が支部長の政党支部に迂回してながされる、という県連ぐるみの動きとなっている。(県連会長は、元防衛庁長官の中谷元衆院議員)

整理すると・・ 現行法にふれることは当然として・・
①主権者でもない「企業」が献金で政治に介入する資格はない。
②外資が50%を超える企業(上場企業・5年以上)の献金をOKにしたご都合主義。
③国家主権にかかわる国会議員への献金と、地域住民として税金もおさめている在日外国人の地方参政権は、同一では扱えない問題も含んでいる。
④自民党は、党本部として全国の議員に{外国人からの献金はないか?}と調査を命じ、公表しなくてはならない。県連、2名の議員への処分もあわせて公表する必要がある。
⑤県連の責任も逃れられない (同県議の手法は、以前から問題になっていた)
 【西森潮三県議(自民)が政党支部をトンネル化して献金集め 脱法的手法 高知民報02/11】            
 
 国会で追求し、また地方参政権を敵視・反対しているのだから、発覚した事例だけを「外国人と知らなかった」と、スルーするのは、存在意義にかかわる。
 
 でないと、国会の「追及」も政局目的のプレー、「憂国」もポーズと言われても仕方がない(実際、そうだけれども・・・)。 

« すでに脱原発依存 73%停止 | Main | 汚染拡大の危険。なぜ止まらない「ひまわり作戦」 »

選挙・政党」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自民党の国会議員・県議 外国企業から献金:

« すでに脱原発依存 73%停止 | Main | 汚染拡大の危険。なぜ止まらない「ひまわり作戦」 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ