My Photo

« オキナワとフクシマ~ 無関心がつくる民主主義の崩壊 | Main | 歪んだ減税で海外移転を促進  »

発電力と供給力 

 原発の停止で、この夏の電力需給はどうか・・・ 「不安定」の声もあるし「足りる」の意見もある・・・
 ただ、見ていて「発電力」と「供給力」が混同している議論も結構ある。
 発電力は、文字どおり、各電力会社の発電能力の最大値(水力を含むので、最大値をいつまでも維持できるわけではない)
 供給力は、電源開発など他社からの受電分をふくむ。

 たとえば、東北電力の震災後の「供給能力」は・・・

〔東北電力の電気供給能力〕
水力:210ヵ所 242万kW
火力:17ヵ所 1,085万kW 3箇所 340万kW停止
原子力:2ヵ所 327万kW  全停止
小計229ヵ所 1,655万kW 
他社受電分   455 2箇所285万kW停止
 計     2,110

 というように、発電力と供給力は違う。  
 
 四国で言えば、関西などに供給している50万kWがある、といっても、他から受電によるもので、四国電力そのものの発電能力とは違う。
 受電分が、電力切迫の中で、どう確保できるかは、また別問題である。
 
 以前も書いたが、受電、融通、自家発電など含め、トータルとしての電力需給が明らかにならないと、建設的な次の一歩がでない。

 その情報公開こそ、議論のたたき台として、国会が取り組むことである。

« オキナワとフクシマ~ 無関心がつくる民主主義の崩壊 | Main | 歪んだ減税で海外移転を促進  »

原発・エネルギー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/52179591

Listed below are links to weblogs that reference 発電力と供給力 :

« オキナワとフクシマ~ 無関心がつくる民主主義の崩壊 | Main | 歪んだ減税で海外移転を促進  »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ