My Photo

« 「段階的に原発から撤退」考 | Main | 「精算あり」で、怖くて使えない東電賠償金 »

原発「安価」神話のウソ 東洋経済

 安全神話に続いて、「安価」神話も崩れ始めている、と東洋経済の記事。
 立命大の大島教授の有価証券報告書にもとづき、開発単価と立地単価を含めて計算を紹介し「1kW時の総コストは、揚水を含む原子力12・23円、火力9・9円、水力3・98円。原子力発電は、最も割高な発電だったことになる。神話は虚構だった。」
 そして、バックエンドコストが不当に安くされている。18兆円ではなく実は74兆円にもなると。さらに賠償費用がない。
【原発「安価」神話のウソ、強弁と楽観で作り上げた虚構、今や経済合理性はゼロ  東洋経済06/21】

 さらに、13ヶ月の定期検査で停止し、その再稼動が、住民の意見、声によって左右される・・・こんな安定供給にほどとおいシステムは、経済活動にとっても有害である。


バックエンドコストの過小について

①再処理工場の費用11兆円としていいるが、43年までに発生すると見積もられている使用済み燃料約6・4万トンの半分しか処理する能力を持ち合わせていないので

 倍の22兆円が必要。

 リサイクル燃料であるMOX燃料も燃やし終えれば当然、使用済み燃料が出るが、その最終処理が試算からと抜け落ちている

②使用済みMOX燃料の再処理費用(組成がウラン燃料と違うので)で、同じく11兆円

 しかもこれは稼働率を100%が前提。フランス・アレバのラ・アーグ工場56%、英国セラフィールド工場4%(各07年)であり、よく見積もっても7割。として 22兆円+11兆円/0.7=47兆円

③高レベル放射性廃棄物の処分に関する費用 
・政府 固化体1本のコスト3530万円で2.55兆円。
・大島教授の電気事業連合会の資料からの計算  1本の貯蔵費用 約1億2300万円と3.5倍
 全量再処理ベースで計算すると、 2・55兆円×3・5×2 =約17・8兆円。

④他のバックエンドコスト4.5億円も、全量処理で倍の9億円
計74兆円。

« 「段階的に原発から撤退」考 | Main | 「精算あり」で、怖くて使えない東電賠償金 »

原発・エネルギー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 原発「安価」神話のウソ 東洋経済:

« 「段階的に原発から撤退」考 | Main | 「精算あり」で、怖くて使えない東電賠償金 »

July 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ