My Photo

« ポピュリズム~政治的狡知と暴走の境界 | Main | 自治体のブラックボックス化、住民軽視の強まり »

なぜ年3度も「学力対策」検証

 全国学力状況調査について、政府は、問題を配るだけになった、体力テストは中止。予想どおり、県は独自でどちらも悉皆調査する。
 ところが、現場を混乱させる、屋上屋をかさねるような対応を県教委はしてきている、とのこと。

1つは、学テ延期に対応して、各学校に、過去の学力テストの問題の活用し独自調査する、到達度把握調査を4-5月に実施し分析するなどで「学力の状況の把握」と「学力向上の取組の徹底」にむけた報告をもとめている。このため到達度把握調査(テスト)を実施した自治体がある。

2つめは、5月に、県内で比較的多数が採用している民間のテスト(全国的には少数)を実施してない自治体(15自治体)でも県の負担で実施させ「学力向上の対策の成果を検証」する。

3つめは、さらに9月に、学力状況調査を「学力向上の対策の成果を検証」するとして独自の悉皆調査を実施する。行事の多い9月に一斉にどう実施するのか(一斉でないと、試験問題が塾などを通じて流れるので、調査にもならないだろう)
 
 よって、これにより「学力対策の成果を検証」するためのテストを3回も実施する学校がでてきた。教育行政の調査のために、子どもの授業時間がけずられるのである。
 9月の調査結果は、卒業間際になるだろうから、子どもの指導にはなんら関係ない。

 さらに費用。県負担は1300万円。

 一方、子どもの命を守るための防災教育は、内容も実施状況もばらばら・・。きちんとした教材もないと聞く。釜石は7年間、防災教育を積み重ねて今回の見事な行動に結実した。
岡村真教授によれば、必ずくる南海地震まで、あと10年余・・・ 学テの費用と時間を利用して「命を守る」教育に真剣にとりくむべきと思う。防災文化にまで高めるためには、継続した防災教育が必須である。
 
 子どもたちのどの命も差別せず、真剣に守ろうとしているメッセージが伝わることがどれだけ教育的でしょうか
 
 防災教育の要は、“前例や想定に捉われず、最善を自ら判断する力、行動する力”を養うことにあると聞く。管理や統制では、自ら判断する力は育たないだろう。犠牲になるのは子どもたちである。

« ポピュリズム~政治的狡知と暴走の境界 | Main | 自治体のブラックボックス化、住民軽視の強まり »

高知県政」カテゴリの記事

教育・子育て」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なぜ年3度も「学力対策」検証:

« ポピュリズム~政治的狡知と暴走の境界 | Main | 自治体のブラックボックス化、住民軽視の強まり »

October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ