My Photo

« 沖縄戦から66年 過去でなく現在進行中 | Main | 原発事故 静穏期の価値観からの転換 »

伊方原発停止と四国の発電能力

 四国は、四電の666万kW以外に、四電が停止している火力34.5万kW、電源開発の火力水力233万kWなどで370万kWの発電能力を持ち、関西、東京、中部地方への電力供給基地となっている。
 四電自体も50万kWを融通。電源開発などはその多くが四国外だろう。
 【四電、東電への電力融通中止へ 伊方原発再開めど立たず 朝日6/24】

 伊方原発3号機の89万kWの対策として、他地域への電気融通を停止する。今後の1号機2号機の113万kWの停止しても、実は、四国の全発電能力から言えば、電力供給に問題はなく、関西、東京、中部地方の問題なのだという印象である。

 四国電力が「節電を要請しない」と言っているのは、そうした背景があると思う。

 ただ、経済の中心的な地方が混乱したら、経済的影響は四国にもくるし、契約上の問題もあるから、そう単純ではないだろうが・・・ 現状は見ておく必要がある。

 
◆四電の現在の発電能力 666万kW  
◆四電の余力       34.5万(停止中の阿南1.2号機)

◆電源開発の水力                           
     認可出力 常時出力
高知 吉野川  山崎ダム  42,000  4,800 早明浦ダム
高知 汗見川  汗見ダム  42,000  4,800 早明浦ダム
高知 奈半利川 魚梁瀬ダム36,000  4,200 
高知 奈半利川 久木ダム  72,100  15,400
高知 奈半利川 平鍋ダム 37,000 11,400
:計              229100 40600

◆電源開発の火力  橘湾発電所210万kW

◆卸電力事業者、特定電気事業者、特定規模電気事業者
・壬生川火力発電所   石炭、重油等 25万kW  愛媛県西条市 住友共同電力
・新居浜西火力発電所 石炭、重油等 30万kW  愛媛県新居浜市 住友共同電力
・新居浜東火力発電所 石炭、重油等 29.6万kW 愛媛県新居浜市 住友共同電力
・土佐発電株式会社   石炭      16.7万kW 高知市 四電・電源・太平洋セメント 
  (太平洋セメント工場内に設置されているが、同社が撤退)

◆小活(四電の現在の発電能力以外の分) 
電源開発    210万(火力)
23万(水力)
四  電     34.5万(火力) 
土佐発電    16.7万(火力)
住友共同電力 85万(火力)
  計    369.2万キロワット  

【四電、東電への電力融通中止へ 伊方原発再開めど立たず 朝日6/24】

 四国電力(高松市)は、東日本大震災の翌日から実施している東京電力への10万~20万キロワットの電力融通を中止する方針を固めた。定期検査中の伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転再開に地元の同意が得られず、7~8月に電力不足の恐れがあるためという。
 関係者によると、四電は東電のほか、震災前から中部電力に20万~30万キロワット、関西電力には40万~50万キロワットの電力を送っている。猛暑で四国の電力不足が深刻になれば、両社への送電についても見直しを検討するという。
 四電の供給計画では、伊方3号機が7月10日に運転再開しなければ、夏のピーク時の供給電力の余力は7万キロワット。急激な需要増や事故に備えるために必要とされる8%(46万キロワット)の余力を確保するには39万キロワット足りない計算になる。

« 沖縄戦から66年 過去でなく現在進行中 | Main | 原発事故 静穏期の価値観からの転換 »

高知県政」カテゴリの記事

原発・エネルギー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 伊方原発停止と四国の発電能力:

« 沖縄戦から66年 過去でなく現在進行中 | Main | 原発事故 静穏期の価値観からの転換 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ