My Photo

« 東日本大震災からの復旧・復興にむけて 自問研4/22 | Main | 内閣参与辞意声明全文 「法と正義、ヒューマニズムに則るべき」 »

高知に帰って被災地のことを語りたい

 高知から参加した青年ボランティア(娘)のインタビュー
【帰って被災地のことを語りたい】

「若い人たちがきて元気でた」――港のがれき撤去作業 

30日も前日につづき黒崎漁港の片付けへ。
「震災後はじめて海岸におりた」という年配の女性と対話になりました。「地震後、聞いたこともない音が鳴り響き、海が怖くて行きたくなかった。でも、若い人たちが来ているからと聞いてきてみた。こんなに一生懸命やってくれているのを見て、頑張らないとなと思った。若い人たちが来てくれるだけで元気が出る」と、涙ながらに語ってくれました。
 同じ場所でボランティアをしたことで、地元の人に信頼されているということを実感しています。

« 東日本大震災からの復旧・復興にむけて 自問研4/22 | Main | 内閣参与辞意声明全文 「法と正義、ヒューマニズムに則るべき」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

南海大地震、防災」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高知に帰って被災地のことを語りたい:

« 東日本大震災からの復旧・復興にむけて 自問研4/22 | Main | 内閣参与辞意声明全文 「法と正義、ヒューマニズムに則るべき」 »

October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ