My Photo

« 日独友好決議 「村山談話」からも後退 | Main | 原発事故・学校の利用の再検討を  日弁連会長声明 »

東電 一次データを秘匿

 吉井衆院議員は、基礎データが発表されてない、と一貫して追及しているが、政府はいまだに東電の一次データを入手してなく、「東電まかせ」「秘匿の容認」「無責任」「国家機能の不全」・・・という事態が明らかになった。しかし、この事態を大手マスコミは報じてない。
【政府「東電データ未入手」衆院経産委 吉井議員の追及に 4/23】

 ちなみに東電社員へのいやがらせがあるというが、事故の元凶は、東電というより、安全を二の次にし「許可」を与えた「自公政権」であり、それを引き継いだ民主政権である。利潤を目的とする「民」を規制するのが「公」の役割である。その自公から謝罪があったとは聞いてないが・・・

 過去を反省しない思考回路は、侵略戦争の例と、シンクロする。 

【政府「東電データ未入手」 衆院経産委 吉井議員の追及に】

 日本共産党の吉井英勝議員が22日の衆院経済産業委員会で、原発事故の収束をはかる上で東京電力に、放射能の放出状況などを示す基礎的データを含む全データを提出させよと迫り、政府がいまだに東電の1次データをつかんでいないことが明らかになりました。
 これまでも原子力安全委員会が東電からSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)用のデータを得ていないことはわかっていましたが、班目春樹委員長は吉井氏の質問に「3月21日と27日に項目まで示して、原子力安全・保安院に求めたが、まだデータはいただいていない」と答えました。
 排気筒や排水口などのデータも集中している保安院の緊急時対策支援システム(ERSS)のデータも「とれてない」と発言。「事故状態判断支援システム」や「予測解析システム」のデータについても、それらを運用するオフサイトセンター自体が事故後、福島県庁に移転したため、「現在運用されていない」と述べ、基礎的データをまったくつかんでいないことを明らかにしました。
 吉井氏は、「深刻な問題だ」と強調。安全委員会にデータを提供する保安院の寺坂信昭院長もいまだに「東電に求めている」と述べるにとどまりました。
 吉井氏は、どんな機関もデータがなければ役にたたないと述べ、大臣が東電に提出を命じるよう要求。海江田万里経産相は「原子炉等規制法に基づき、データを全部出させるように文書で指示したい」と述べました。
 吉井氏は、「徹底的に出させるべきだ。国家が機能していないのと同じだ」と厳しく指摘しました。

« 日独友好決議 「村山談話」からも後退 | Main | 原発事故・学校の利用の再検討を  日弁連会長声明 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東電 一次データを秘匿:

« 日独友好決議 「村山談話」からも後退 | Main | 原発事故・学校の利用の再検討を  日弁連会長声明 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ