My Photo

« 保険証あっても手遅れで死亡急増 民医連調査 | Main | 外資系企業の献金ならOK・・・外相献金問題 »

無低診 院外処方に高知市が補助

 高知市内の潮江診療所が、無料低額診療事業を一昨年10月から実施しているが、院外処方となっているために、薬代には事業で適用されないことが問題になってきた。議会内外で、その対策をもとめてきたが、この4月から、薬代を手当をする予算を計上していることを市長が明言した。

 また12月議会で保険証の切れ目ない発行への改善を約束していたが、4月から一ヶ月の短期証を廃止。基本を3ヶ月~6ヶ月に改善する。また留め置きも原則廃止し、年間通して全員に短期証を郵送することになった。

 国保44条の改善では、前年の収入減が3割から2割への引き下げられたものの、低所得者対策にならないことは、市も認めている。今後の課題である。
 
 本日の高知市民共闘会議の交渉において・・・ 
 

« 保険証あっても手遅れで死亡急増 民医連調査 | Main | 外資系企業の献金ならOK・・・外相献金問題 »

高知市政」カテゴリの記事

医療・介護」カテゴリの記事

反貧困」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 無低診 院外処方に高知市が補助:

« 保険証あっても手遅れで死亡急増 民医連調査 | Main | 外資系企業の献金ならOK・・・外相献金問題 »

October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ