My Photo

« 次回の検討委で「合築の是非に結論」、その問題点 | Main | 政治活動へ「大いに(税)金使おう」 菅首相  »

上陸作戦支える米艦艇 宿毛港へ

250pxlhd1_uss_wasp209

 米海軍ドック型揚陸艦・トーテュガが、1月26、27日に宿毛湾港に入港する予定。ミサイル艦ラッセル以降、入港が続いている。今回は、上陸作戦を支える艦艇の入港であり、同系統の自衛隊の「おおすみ型輸送船・しもきた」を随行している。(画像は同系のもの。なおwikipediaの資料は以下)
【トーテュガ (ドック型揚陸艦)】 >【おおすみ型輸送艦】

少し整理すると・・

①昨年のレイク・エリーから一年、寄港間隔要請が1年おきと定期化している。
   06年5月 ラッセル
   08年5月 オカーン
   09年1月 キッド(港修理断念)
   10年2月 レイクエリー
   11年1月 トーテュガ(予定)

②直接、敵地への上陸する作戦の艦艇であり、排水量(軽荷排水量:11,471 、満載排水量:16,568)で、オカーン8,315 トン、レイクエリー9,600 トンと次第に大型化している。

③同艦をひとまわり小型にした、自衛隊の「しもきた」を随行しての入港である。

④滞在が1日(それまでは親善名目に数日滞在していた)、その前の寄港が佐伯、母港は佐世保であり、わざわざ宿毛に寄ったというもの。調査、既成事実化以外なにものでもないことが、あからさまに出ている。

300pxlcac

 トーテュガは、LCAC4隻またはLCM-6、21隻を収納する。しもきたはLCAC2隻。LCACは60トンの車両、兵員をつみ、ホバークラフトで、1.2メートルまで浮揚できる。
 母艦後部から直接発進し、海上から、地雷原とかをスルーし、浜辺へ直接乗り込んでいける。1隻66億円。敵前上陸する部隊を支える艦艇である。

なお、宿毛湾非軍事ネットワークによると行動は・・・

(一)抗議行動について
 寄港予定の1月26日(水)午前8時~、宿毛新港緑地公園で抗議集会をひらく。寄港に合せてデモ行進を行ない寄港に抗議する。
(二)情報交流会
 抗議行動のあと、26日(水)午前10時~、宿毛文教センター視聴覚室で、恒常化した米軍寄港という新たな情勢を踏まえ、その背景やたたかい方について情報交換会を持ちます。
(三)宿毛市への申し入れ
 前回につづいて歓迎行事を行わないこと、市民の安全を守ることの申し入れを宿毛市に対して行います(日程については市議が対応)。
(四)高知県への申し入れへの意見
 県団体が高知県に行う申し入れについて、①上陸米兵が武器、麻薬を携帯していないかボディーチェック、②有機スズ、バラスト水などによる港湾汚染のチェックと対策、③児童生徒への接触を避けさせる対策を盛り込むように要望する。
→ 昨日実施。
(五)宿毛市民への宣伝
 軍港港への危険性、米兵犯罪について知らせるチラシをつくり、配布する。

« 次回の検討委で「合築の是非に結論」、その問題点 | Main | 政治活動へ「大いに(税)金使おう」 菅首相  »

平和・憲法問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 上陸作戦支える米艦艇 宿毛港へ:

« 次回の検討委で「合築の是非に結論」、その問題点 | Main | 政治活動へ「大いに(税)金使おう」 菅首相  »

October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ