My Photo

« 日豪EPA早期再開 「全品目を自由化対象」と外相 | Main | ナショナルミニマムの維持・充実を 全国児童養護施設長 »

議会を冒涜 図書館検討委の目的変更

 新図書館基本構想検討委については、その目的は、「合築と単独整備の比較検討をする」ことが、議会答弁や総務委員長報告でも確認され、そのうえで予算が可決されている。
 ところが、第二回検討委では、冒頭、県教育長が「「もう一度言っておくが、この検討委の役割は合築図書館の構想をつくることだ」と勝手に、設置目的を歪曲。
 議会軽視、いや議会の冒涜である。目的を変更するなら、検討委を解散し、再度、設置するのが筋である。

 議事録を精査して、必要な対応をしなくてはならない。

 数回の議論で結論を出すということに、そもそも無理があるのはわかっていたことだが、二回の議論で、いかにお粗末なものしか出来ないことが明らかになりつつある。
 
 ちなみに県市統合病院と重なる議論があるが・・・ 同規模の医大病院、国立朝倉病院、日赤病院があるもとで、まさにバックヤードとしての三次医療の中核を担う病院をどうつくるか・・という明確な役割分担にもとづく医療政策があり、今回の図書館問題でいえば、全県の図書館行政を支える県立図書館の機能をどうするか、という話と通じる。同じ県市統合でも、まったくスタンスが逆である。
 
 個人的には、大きな書庫をもつ県立図書館、来年4月から法が施行される公文書館、貴重な標本が県外に流れているという博物館の機能・・・ シキボウ跡地に一体として整備するのが、今後の進化に対応できる点でも最適だと思う。
 
 財源は、高知南国道の高架建設、新堀川の4斜線化、高知新港の見直し・・・人口60万人時代を見越すというなら、見直すべきはいろいろある。
 
 この間で言えば、医療PFIの解除で、協力など9億円と22年間で最低44億円の経済効果・・・県分だけで27億円の効果をうんでいる。また、前回の県議選の資料を見ていたら、今、県庁の耐震化の改修をしているが、自民党らは、それを凍結させ(当時、移転・新築174億円、改修32億円の試算)、「新築しろ」と言っていることを暴露して、それを許さなかったことなど・・・県立図書館整備に必要な財源は、県民、市民のたたかいで確保してきたと思っている。
 

« 日豪EPA早期再開 「全品目を自由化対象」と外相 | Main | ナショナルミニマムの維持・充実を 全国児童養護施設長 »

高知県政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 議会を冒涜 図書館検討委の目的変更:

« 日豪EPA早期再開 「全品目を自由化対象」と外相 | Main | ナショナルミニマムの維持・充実を 全国児童養護施設長 »

June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ