My Photo

« 議会を冒涜 図書館検討委の目的変更 | Main | TPP参加で労働力として移民奨励 経団連 »

ナショナルミニマムの維持・充実を 全国児童養護施設長

11月17日から19日までの3日間、岡山市において、「第64回全国児童養護施設長研究協議会」を開催され、大会宣言がまとめられた。
 そこには「地域主権改革」による「義務付け・枠付け」の緩和に対する危惧が表明されたる。
【 第六十四回全国児童養護施設長研究協議会 岡山大会 宣言 11/24】


第六十四回全国児童養護施設長研究協議会 岡山大会 宣言より

「一、子どもの権利を保障するナショナルミニマムの維持・向上を図ります
現在、地域主権改革に伴う児童福祉施設最低基準の地方への移譲について国会の審議がすすめられています。地方自治体が独自に定める基準によって子どもたちへのサービスに格差が生じることは、子どもの最善の利益を保障する立場にある私たちには見過ごすことはできません。
私たちは、被虐待児やDV被害の母子、障がいのある子どもたちの基本的人権を保障するため、ナショナルミニマムとしての国による児童福祉施設最低基準の維持と、養育の質の向上を実現するための人員配置や面積基準等の改善に取り組みます。」

« 議会を冒涜 図書館検討委の目的変更 | Main | TPP参加で労働力として移民奨励 経団連 »

教育・子育て」カテゴリの記事

地方自治」カテゴリの記事

反貧困」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ナショナルミニマムの維持・充実を 全国児童養護施設長:

« 議会を冒涜 図書館検討委の目的変更 | Main | TPP参加で労働力として移民奨励 経団連 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ