My Photo

« 成果主義賃金 7割が課題あり 厚労省調査 | Main | クイズで考える日本の医療  »

保育、福祉の「構造改革」反対 保育3団体、全養協

 地域主権改革、保育制度改革など自公政治以来つづく構造改革路線・・・国民のためのものでないことは福祉、保育の現場からの懸念、反対をみればわかる。
全国児童養護施設協議会の「全養協通信10/13」を見ると、「地域主権改革(最低基準の条例移譲)の動向に注視が必要」と現行最低基準の内容を後退させず、充実をはかるための都道府県段階の運動をよびかけている。
 保育3団体が、保育を市場化に共同して反対している。
【九州保育三団体は「新たな保育制度」に反対します。】

 憲法25条を空洞化させるのが「地域主権改革」である。こうした運動と連携、連帯してとりくむことが「革新勢力」に求められている。

 全養協通信の関連部分は以下のとおり。

【地域主権改革(最低基準の条例移譲)の動向に注視が必要】
現行最低基準の内容を後退させず、充実をはかるため、都道府県・指定都市(・中核市)段階での取り組みをお願いします
◆地域主権改革一括法案はすでに参議院で可決、10月1日に衆議院に付託
児童福祉施設最低基準を都道府県・指定都市に条例移譲する、「地域主権改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律案(地域主権改革一括法案)」は、先の第174通常国会において参議院で可決(4月28日)されましたが、衆議院で審議にいたらず継続審議とされました。
現在、12月3日までの予定で第176臨時国会が開会されており、本法案は10月1日付で衆議院(総務委員会)に審議が付託されています。

◆全養協は他の児童福祉種別協議会と連携して対応を予定
9月21日に開催された全社協・児童福祉種別協議会会長会議では、児童福祉施設最低基準の都道府県・指定都市への条例移譲の対応を協議しました。その結果、条例移譲により現行の児童福祉施設最低基準の内容を後退させず、充実をはかるため、都道府県・指定都市段階の取り組みについて、「種別協議会が保育・社会的養護の垣根をこえて連携し、共通する課題ついては協働して取り組む」方針を確認しました。

« 成果主義賃金 7割が課題あり 厚労省調査 | Main | クイズで考える日本の医療  »

社会保障」カテゴリの記事

地方自治」カテゴリの記事

公務の民営化」カテゴリの記事

Comments

保育園民営化、幼保一体化

この問題に我市でも先日学習会を開きました。

「子ども・子育て新システム」
エンゼルプランという真にもっともらしい計画。

「子どもの最善の利益」とある保育理念はどこにいくのか。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 保育、福祉の「構造改革」反対 保育3団体、全養協:

« 成果主義賃金 7割が課題あり 厚労省調査 | Main | クイズで考える日本の医療  »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ