My Photo

« 円高対策のカギは賃上げ | Main | 学校給食実施率 高知は最低クラス »

外部委託の成果… 若者犠牲

 高知市長は、9月定例議会の提案説明で、アウトソーシングの経費削減効果を誇った。その感覚がわからない。過去の財政運営の失敗を,採用抑制し、ワーキングプアを生み出すこと・・・つまり若い世代に「箱物行政」の犠牲を転嫁しているだけでしょ、という思いをつよくする。

 民間委託は、連携ができないことは何度も指摘した。給食調理の委託では、「他もやっている」というのが、最大の根拠と思うが、子どもには「みんながやっている」という言い訳に「他がやっているかどうかではない」という接し方をしているはず。 連携は、不可能だと、きちんと説明すべきである。
 ここは教育者として原点が問われる、と思っている。
 
 安くもならない。平均給与での比較をしているが、そもそも①新規採用抑制で、平均給与が高くなっている。②4月から、新採には、行政職2表が適用となっているが、09年度のラスパイラス指数は、121%となっており、今後は、2割弱安くなる。③非常勤の配置数でも大きく変わる。

 委託は「安い」というが、上記の3点を組みあわせれば、そんなことないはず。

 しかも委託は、県外であり、利潤、本部管理費、消費税で約300万円ほどが県外にながれる。つまり少々高くても、地元経済循環、安定した雇用確保を考えれば、直営を選ぶべきである。

 なぜ、こんな愚かな選択がなされるのか・・ それは「マニフェスト」至上主義の弊害。道理がなくても、この達成度にこだわっているとしか思えない。
 
議論に耐えうる資料がない。その最大の犠牲は、子どもであり、若者である。議員の責任が問われる。


◆提案説明から・・・
「対象50事業のうち,全体の46パーセントに当たります23事業をアウトソーシングしております。アウトソーシングに基づく削減効果として,平成20年度から22年度までの3か年で,職員定数削減で67名,コスト削減では累積で約4億9千万円の削減となっております。」と

« 円高対策のカギは賃上げ | Main | 学校給食実施率 高知は最低クラス »

高知市政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 外部委託の成果… 若者犠牲:

« 円高対策のカギは賃上げ | Main | 学校給食実施率 高知は最低クラス »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ