My Photo

« 公契約条例 国分寺、多摩で準備中 /読売 | Main | 「地域主権改革」と建設分野 建政研 »

高知県市一体化図書館考① 歴史に学ぶ

 県市トップで、県内図書館関係者の意向に逆らって、県立と高知市民の合築・一体化が「合意」されたが、手続き、機能、財政、まちづり、という観点で考えてみたい。
 手続きで言えば、「市民の図書館」として、革新時代には、全国をリードする図書館であった。そうした歴史を築いてきた関係者の合意を図るのは「市民協働」の基本である。
【市民の図書館の歴史と未来 備忘録 2010/5】
http://wajin.air-nifty.com/jcp/2010/05/post-e2bc.html

 だいたい、市民のための図書館はどうあるべきか、市議会では一度も議論もされてない。それで「合築」の検討会というのは、順番が違う。

 一箇所に統合して「利便性」を増すとの説明をしているが、市民の図書館は、移動図書館、分館、そして本館整備と、「いつでも、どこでも、だれにでも」の基本姿勢で、周辺部から対応をすすめる「逆攻めの図書館奉仕網整備」をしてきた。

  判断する市議会事態も、そうした歴史を先人の話から学ぶ必要がある。
  
 とにかく、合築画について、そうした先人の方々の理解を得ることは、「市民協働」を標榜する市長なら最低限の責務である( 歴代館長と話あった、ということも聞こえてこない。)

 

« 公契約条例 国分寺、多摩で準備中 /読売 | Main | 「地域主権改革」と建設分野 建政研 »

高知県政」カテゴリの記事

高知市政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高知県市一体化図書館考① 歴史に学ぶ:

« 公契約条例 国分寺、多摩で準備中 /読売 | Main | 「地域主権改革」と建設分野 建政研 »

July 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ