My Photo

« 市議会論戦 国保の無保険、窓口負担 | Main | 県立大学の独法化と「学術会議」の懸念 »

高知県市一体型図書館考③ 新刊の貸出

「本購入のダブりをなくす」というと「無駄排除」のように聞こえるが、貸し出しのルールが違う。市民図書館は6ヶ月、他自治体への貸出はしてない。県立は、市町村の要望に応え、新刊を30日間の貸出をしている。システムが違うのである。

 統合すればどうなるか。いずれにしても、県市合計では、人気のある新刊本の購入冊数は同じでないと、サービスは低下する。
 そもそも県は、より専門的なもの、市は人気のあるものと、購入の傾向は違っている。
「ダブりがなくなり効率的」というのは、机上の空論の気がする。

 また、県は、開架図書の予約は受け付けているが、市町村・団体への長期一括貸出のために、在庫書庫の予約は受け付けてない。高知市は受け付けている。
 これをどうするかも課題。

« 市議会論戦 国保の無保険、窓口負担 | Main | 県立大学の独法化と「学術会議」の懸念 »

高知市政」カテゴリの記事

高知県政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/49496399

Listed below are links to weblogs that reference 高知県市一体型図書館考③ 新刊の貸出:

« 市議会論戦 国保の無保険、窓口負担 | Main | 県立大学の独法化と「学術会議」の懸念 »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ