My Photo

« 市議会論戦 国保の無保険、窓口負担 | Main | 県立大学の独法化と「学術会議」の懸念 »

高知県市一体型図書館考③ 新刊の貸出

「本購入のダブりをなくす」というと「無駄排除」のように聞こえるが、貸し出しのルールが違う。市民図書館は6ヶ月、他自治体への貸出はしてない。県立は、市町村の要望に応え、新刊を30日間の貸出をしている。システムが違うのである。

 統合すればどうなるか。いずれにしても、県市合計では、人気のある新刊本の購入冊数は同じでないと、サービスは低下する。
 そもそも県は、より専門的なもの、市は人気のあるものと、購入の傾向は違っている。
「ダブりがなくなり効率的」というのは、机上の空論の気がする。

 また、県は、開架図書の予約は受け付けているが、市町村・団体への長期一括貸出のために、在庫書庫の予約は受け付けてない。高知市は受け付けている。
 これをどうするかも課題。

« 市議会論戦 国保の無保険、窓口負担 | Main | 県立大学の独法化と「学術会議」の懸念 »

高知県政」カテゴリの記事

高知市政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高知県市一体型図書館考③ 新刊の貸出:

« 市議会論戦 国保の無保険、窓口負担 | Main | 県立大学の独法化と「学術会議」の懸念 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ