My Photo

« 農業壊滅 自由化促進で民主政権と経団連のウリふたつ | Main | らしくない? ちょっと笑える共産党ネットCM »

経済的理由で中断、この半年で4割の医療機関で 保団連

  国保険医団体連合会の調査・・・経済的理由で治療が中断した患者が、ここ半年で約4割、歯科診療所では約半数にのぼる。医療費負担で、検査・治療を断られた42%。
 「結論」として「①世界的に見ても窓口負担が異常に高い患者の実態は殊のほか深刻」「②深刻な受療状況の改善は、窓口負担の大幅軽減、慢性疾患等におれる高額療養費制度の早急な改善が必要」と述べている。 
【2010受診実態調査・結果報告(第一次) 保団連】
【経済的理由で治療中止、約4割の医療機関で 医療介護CBニュース 6/15】

【経済的理由で治療中止、約4割の医療機関で 医療介護CBニュース 6/15】

 患者の経済的な理由による治療の中断や中止が、この半年間に約4割の医療機関であったことが6月17日、全国保険医団体連合会(保団連、住江憲勇会長)の調査で分かった。
特に歯科診療所では半数近くに上った。
 保団連では5月中旬に、各都道府県の保険医協会に調査への協力を依頼。6月14日までに回答を得た8協会の計2829医療機関(病院109、医科診療所1577、歯科診療所1143)について中間報告をまとめた。
 それによると、38.8%の医療機関で、患者の経済的な理由によって治療を中断または中止したことがこの半年間にあった。施設別では、歯科診療所が47.4%で最も多く、次いで医科診療所33.4%、病院26.6%の順。保団連の宇佐美宏副会長は、「歯科は命に直結するわけではないので、医科よりも経済的な影響が強く出る。痛みが治まると受診しない人も少なくない」と指摘している。
 またこの半年間に、医療費負担を理由に患者から検査や治療、投薬を断られたことがある医療機関は42.9%だった。施設別では医科診療所が46.1%、病院が43.1%で、歯科診療所の38.5%に比べ医科医療機関で多かった。竹崎三立副会長は「医科では、慢性疾患で継続して受診していると、簡単には治療を中断できない。しかし、1か月分の薬を3か月かけて飲み切るなどして受診を控えたり、必要な検査を断ったりする例は歯科よりも多い」と説明している。
 こうした結果を受けて、中間報告では「不況下で、患者の受療状況はことのほか深刻だった。改善には、窓口負担の大幅な軽減などが必要」との見解を示している。

« 農業壊滅 自由化促進で民主政権と経団連のウリふたつ | Main | らしくない? ちょっと笑える共産党ネットCM »

医療・介護」カテゴリの記事

反貧困」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/48773471

Listed below are links to weblogs that reference 経済的理由で中断、この半年で4割の医療機関で 保団連:

« 農業壊滅 自由化促進で民主政権と経団連のウリふたつ | Main | らしくない? ちょっと笑える共産党ネットCM »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ