My Photo

« 暴走国会 社民・民主は同一歩調 | Main | アダム・スミスのドグマ批判 工藤晃 備忘録 »

県単事業と中核市 納得いく決着を

  県が、高知市が中核市ということで除外している特定不妊治療について、高知市長が「他の事業に波及するおそれがない」と合意、市が950万円を負担するとここなった。
【特定不妊治療県単助成 トップ合意の文書なし 「紳士協定だ」高知民報5/26】
 県と中核市の分担については、全国でも問題になっているが・・・ 高知の場合も様々な事情がある

 今、中核市として除外されている事業(おそらく)
・特定不妊治療の県単補助分5万円
・第3子以降3歳未満児の保育料の無料化
・第3子以降の就学前の幼児の医療費を原則無料
・就学援助を受けている児童等を対象に、保護者利用料の免除を行うための助成

だだし、第3子以降3歳未満児の保育料の無料化(無認可含む)については、高知市が「財政難で1/2負担ができず、導入できない」とした事業があり、県も「市から話があれば協議する」となっていた、と記憶している。
 これは高知市の問題。

一方、こういう事例もある・・・
・3次医療の中核病院である高知医療センターは統合ということで、不採算医療分など県と同じ20億円を繰り入れている。当時、市議会でも「市民は二重負担になる」との話が出ていた。
・県民体育館の土地は市有地だが、無償で貸し出している(旧中央公民館の土地でのバーターだったが、かるぽーと建設で市の都合で返上)。
・県下唯一の点字図書館は、高知市が運営している(県が対応せず、革新高知市政が実施)。
・本来県の責務である養護学校を高知市が建設(県が対応せず、革新高知市政が実施)。

他方では・・・
・高知城隣接のマンション用地(2箇所・高知市内)購入の地方自治体負担分(1/5)は、全額県が支出。
・30人学級は、一定規模の学校の多い高知市が中心となる。また、学力対策として、重点的な高知市への人の配置も実施している。
  
 というように、関係は一筋縄ではない。

 住民のためということで、高知市が先駆的役割を発揮した事例、県が高知市を重点にした施策を展開した事例ど・・・様々である。(革新市政以後の高知市が“たすこい”のがとりわけ問題と思うが)。

 住民がサービスから排除されることがないよう県の単独事業については、除外すべきではないと思うが、少なくとも、わからない「紳士協定」ではなく、納得のいく議論、協定書などが必要である。

« 暴走国会 社民・民主は同一歩調 | Main | アダム・スミスのドグマ批判 工藤晃 備忘録 »

地方自治」カテゴリの記事

高知市政」カテゴリの記事

高知県政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/48513244

Listed below are links to weblogs that reference 県単事業と中核市 納得いく決着を:

« 暴走国会 社民・民主は同一歩調 | Main | アダム・スミスのドグマ批判 工藤晃 備忘録 »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ