My Photo

« 消費税増税反対の意見書 民主、自民、公明らが否決/県議会 | Main | 「国会議員を3分の1に」と同額 政党助成金廃止 »

政治的退廃 民主と社民の選挙協力

 本日はじまった参議選。 第一声の特徴は、民主現職陣営はまったく消費税に触れず。菅代表が増税の理解を第一声で訴えているのに・・・ 
 しかし、異様なのは、消費税反対、普天間基地の県内移転に反対し「言葉に責任を持つ」という社民党の県連が、消費税10%、基地押し付けの民主党を応援する。

  「自民党への後戻りはできない」という「説明」をしていたが、いまや自民党とそっくりになったのが民主党であり、しかも参院選・・・政権の選択ではない。説明にもなってない。

2010062602_01_1


 消費税、米軍基地問題で、180度主張の違うものが連携するというのは、公約というものは、その程度なものと言うことなのだろう。
旧社会党も自民党と連立政権を組んだ過去がある。

 国民をバカにしているというか、政治的退廃と言うしかない。
 
 自民党と公明党も協力し、高知の自民党は「比例は公明」と言っている。

 もちろん、これは政党の指導部の人の話。 支持者の思いは複雑だろう。

« 消費税増税反対の意見書 民主、自民、公明らが否決/県議会 | Main | 「国会議員を3分の1に」と同額 政党助成金廃止 »

選挙・政党」カテゴリの記事

Comments

民主党は消費税を10%に上げて、その税収を何に使うのだろう。
子ども手当などの民主党の得意とするバラマキに使われたのでは、たまったものでない。
低所得者の税負担を軽減するために、食料品の消費税は今まで通り5%とすべき。
科学技術と経済に無知で愚かな蓮舫は、消費税を上げなくとも事業仕分けで税収が得られると考えているらしい。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 政治的退廃 民主と社民の選挙協力:

« 消費税増税反対の意見書 民主、自民、公明らが否決/県議会 | Main | 「国会議員を3分の1に」と同額 政党助成金廃止 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ