My Photo

« 全国青年集会5200人 | Main | クラスター爆弾 沖縄米軍が投下訓練 »

低すぎ!政党間の垣根 

 自民党候補は、12年前、徹底した自民党批判をして小沢・自由党で当選した人、民主党候補は、05年の郵政選挙で自民党で当選した人… 和歌山の話ですが、「垣根なし」「往来自由」/宮本たけし衆院議員のHPより
【障がい者スポーツ大会、「往来自由」の和歌山の自民と民主5/16】
 埼玉久喜市では、「みんなの党」も加わって・・・

 4月の選挙でトップ当選の「みんなの党」市議が、自民、民主と一緒に「会派」を結成。
 同市議選では、渡辺代表は「民主は期待はずれだった。自民党と同じ官僚依存が続いている」と応援演説していたという(今朝の「しんぶん赤旗」より)。

 根っこでは、みんなお仲間ということなのででしょう。

【障がい者スポーツ大会、「往来自由」の和歌山の自民と民主 宮本たけし5/16】  この間の国政をめぐる動きは、「民主・自民の対決」などという「二大政党論」のまやかしを、誰の目にも明らかにしつつあります。とくに和歌山では、その「県民騙し」ぶりがくっきりしています。選挙区選出の現職は自民党の鶴保さんですが、この人初当選は私と同じ98年参議院選挙でした。  当時、小沢一郎党首の自由党から立候補し、徹底した自民党批判を行いました。12年前、初当選して、私と同じ参議院清水谷宿舎に入居して、宿舎で先輩たちが開いて下さった「歓迎会」の席上、「もう自民党の時代も終わりですね」と握手したのを昨日のことのように覚えています。その後、野田聖子さんとの結婚・離婚といういきさつがあったものの、今ではれっきとした自民党議員で小沢・民主党とたたかうって言うんですから底が割れるってもんです。  対する和歌山の民主党参議院候補っていうようなものは、いかなるものか…?鶴保くんが自民党に寝返ってたたかった6年前、2004年の参議院選挙で、この鶴保氏に対して民主党から挑んだのが「川条しか」という人。この時は破れましたが、何と小泉さんの郵政解散の時に、突如大阪へ流れてきて、これまた「刺客」として自民党から衆院大阪2区に立候補、自民党衆議院議員をつとめました。(1期だけつとめたものの、当然のことながら、昨年落選)  和歌山のみなさん、民主も自民も「往来自由の垣根なし」…まさに一緒でしょ。「自民党をぶっつぶせ!」と声高に叫んだものが、あっという間に自民党の政治家になったり、またその逆の例も数限りなく見せ付けられてきました。

« 全国青年集会5200人 | Main | クラスター爆弾 沖縄米軍が投下訓練 »

選挙・政党」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 低すぎ!政党間の垣根 :

« 全国青年集会5200人 | Main | クラスター爆弾 沖縄米軍が投下訓練 »

December 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ