My Photo

« アスベスト訴訟「国に責任」 画期的判決 | Main | 官房機密費 報道界めぐる大贈収賄事件 »

「子どもの貧困」と国民生活基礎調査

 ピーク時から平均で117万円、前年よりも所得減、生活悪化が読み取れる。
 特に「子どもの貧困」という目でみた場合、所得減とともに、ひとり親家庭の増加、母親の非正規労働、児童のいる世帯の「公的年金・恩給」の低さなど(近年は同傾向だが)が目に付き、生活意識で「くるしい」との回答が過去最高になったが、「児童のいる世帯」が全世帯平均を上回っている・・・などが気になる指標である。
【平成21年 国民生活基礎調査の概況】
【世帯所得、08年は547万円 ピーク比116万円減 朝日5/20】

◆所得の推移(08年とピーク時)
全世帯     547万5千円 04年664.2万円 △116.7万円
高齢者世帯   297万円   08年335.5万円 △38.5万円
児童のいる世帯 688万5千円 06年781.6万円 △93.1万円
~ 全世帯、高齢者世帯、児童のいる世帯で前年より、8.7万、1.9万、2.9万円減。経済悪化の影響はあきらかだと思うが・・・
21a

◆所得の分布(相対度数分布)
22a


・「200~300万円未満」 13.9%、「300~400万円未満」 13.3%、「100~200万円未満」12.7%がベスト3。
・中央値 427万円。平均所得金額(547万5千円)以下の割合は 61.5%

◆世帯主の年齢階級別の所得の状況
・世帯当たり平均所得
「50~59歳」 765万5千円が最高、次いで「40~49歳」、「30~39歳」の順。最低は「29歳以下」 298万9千円。

・世帯1人当たり平均所得金額 208万4千円
「50~59歳」が 254万7千円で最高。次いで「60-69歳」212.1万円。最低は「29歳以下」の 174万8千円。次いで「70歳以上」182.1万円、「30-39歳」の183.1万円と・・・
~ 30-59歳では、世帯当たりと一人当たりで3倍前後の差。子育ての関係だろう。一人当たりでは全体に差があまりないというのが印象。

◆所得の種類
・高齢者世帯では「公的年金・恩給」が構成の 70.6%、特に、公的年金・恩給を受給している高齢者世帯で「公的年金・恩給の総所得に占める割合が100%の世帯」は 63.5%。
・一方「児童のいる世帯」では、「公的年金・恩給」は4.6%しかない

◆世帯数と世帯人員数の状況
・「夫婦と未婚の子のみの世帯」1489万世帯(全世帯の31.0%)で最多。次いで「単独世帯」1195万5千世帯(同24.9%)、「夫婦のみの世帯」1068万8千世帯(同22.3%)
・「高齢者世帯」は962万3千世帯(全世帯の20.0%)で95年の10.8%から倍増。

◆児童のいる世帯の状況
・ひとり親と未婚の子のみの世帯は、86.3万世帯、構成比7.0%で過去最高。92年3.8%、98年4.5%から倍増する勢い。
13b


・児童のいる世帯の母の仕事の有無(末子の年齢別)
「仕事あり」は62.3%だが、「仕事なし」は「0歳」67.6%、「1歳」62.6%、「2歳」51.2%でもっとも高い。「仕事あり」のうち「正規」の比率は、17.7%で、各年齢とも大きな差はない。「パート・アルバイト」は「0歳」の6.7%をボトムに、子の年齢とともに上昇し「12-17歳」で34%前後と高まっていく。~M字カーブ、女性の非正規労働の多さを裏付けている。

◆生活意識の状況
・「苦しい」(「大変苦しい」と「やや苦しい」) 58.1%、「普通」が 37.9%(世帯数の構成割合)
・年次推移では、「大変苦しい」の回答が、24.9%と近年最多(過去最高?)。
・「苦しい」と回答した世帯の割合は、「児童のいる世帯」が 63.4%(うち「大変苦しい」27.8%)、「高齢者世帯」 56.3%( 〃 23.6%)
~ 児童のいる世帯の回答が平均を押し上げている・・・ 高額の教育費など子どもにかかわる予算がOECD諸国の中で最低クラスだということとシンクロしている。

【世帯所得、08年は547万円 ピーク比116万円減 朝日5/20】  2008年の1世帯あたりの平均所得は547万5千円と、前年より8万7千円減ったことが、厚生労働省が20日公表した「国民生活基礎調査」で明らかになった。最も高かった1994年の664万2千円と比べて116万7千円少ない。所得が低い高齢者世帯が増え、全体の平均を下げているという。  全国の世帯数(09年6月)は約4801万世帯、1世帯あたりの人数は2.62人。65歳以上のみか、これに18歳未満の未婚者が加わった高齢者世帯は、過去最多の962万3千世帯で、初めて全世帯の2割に達した。  高齢者世帯の08年の平均所得は297万円。厚労省は全世帯の平均所得の低下は高齢化の影響とみており、経済悪化の影響は「分からない」としている。  平均より所得が低い世帯は61.5%で、うち19.4%は200万円未満。現在の生活状況を「苦しい」と感じる割合は58.1%と、調査を始めた86年以降で最高だった。

« アスベスト訴訟「国に責任」 画期的判決 | Main | 官房機密費 報道界めぐる大贈収賄事件 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

反貧困」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「子どもの貧困」と国民生活基礎調査:

« アスベスト訴訟「国に責任」 画期的判決 | Main | 官房機密費 報道界めぐる大贈収賄事件 »

October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ