My Photo

« 小選挙区制は時代遅れ 英国 | Main | 革新市政研究~「都市間競争」という仕掛け »

クラブ活動、PTA会費も就学援助の対象に

今年4月から生活保護世帯の子どもの就学援助費の対象にクラブ活動、PTA会費、生徒会費が対象となった。準要保護・・就学援助制度においても一般財源として交付税に算入されているとのこと。
 自治体にむけて具体化させる取り組みが重要だ。

 文部科学省が、品目を拡大した理由は、新学習指導要領で、部活動も教育活動の一環して位置づけたことをあげているとのこと。
ここで問題は、準要保護、つまり就学援助は、自治体毎に基準がバラバラ、一般財源化されているので自治体の裁量にまかされており、拡大された品目分の実施を自治体に実施させる必要があること。

 それと研究課題なのだが、保護家庭の子ども手当は、収入認定されるが、その分は保護基準をあげて支給されることになる。また、今回の品目の拡大・・・と保護基準が引きあがっているのではないか、ということ。そうすると、就学援助制度は、保護基準の1.1~1.3倍など規定しているところが多く、就学援助の適用範囲がひろがるのではないか。引きあがらなかったら、実質縮小となるのではないか。ということ。

 しかし、文部科学省のHPをいろいろ調べても出てこない。こんな大事なことは、すぐにわかるようにしてほしい。

 なお参議院・調査室」の「経済のプリズム2010年4月」に
【就学援助制度の一般財源化地域別データを用いた影響分析  三菱UFJ リサーチ&コンサルティング(株)経済・社会政策部 】
 がのっているが、その結論で「地方分権の推進は、地方政府の再分配的歳出を抑制させる可能性が高く」と警鐘をならしている。

「経済分析の結果から、就学援助制度の一般財源化は市区町村の就学援助給付を引き下げた可能性が高いと考えられる。また、一般財源化によって、就学援助制度の運用に対して財政力が及ぼす影響が強まっているものと考えられる。林(2007)が指摘するように、他の先進国と比較して日本の地方政府は生活保護や健康保険、介護保険など再分配的歳出規模が大きくなっているが、そういった状況を無視した地方分権の推進は、地方政府の再分配的歳出を抑制させる可能性が高く、本稿の分析結果はそれが現出している可能性を示している。
今後も、地方分権は大きな政策課題のひとつとして位置づけられるものと考えられるが、日本の地方政府を取り巻く状況の特殊性について、十分な配慮を行っていくことが必要である。」

◆2010年度。積算単価
                    小学   中学 
学用品費/ノート、副読本等  11000円 21700円
体育実技 柔道                 7300円
       剣道                50500円
       スキー        25300円  36300円
新入学・学用品費        19900円  22900円
通学用品費(靴、雨傘など)    2170円  2170円
通学費               38200円  77200円
修学旅行費            20600円  55700円
郊外活動費(宿泊なし)      1510円  2180円
  〃  (宿泊あり)        3470円  5840円
クラブ活動費( 新設 )      2550円  26500円
生徒会費  ( 新設 )      4350円  4940円
PTA会費 ( 新設 )       3040円  3960円 

« 小選挙区制は時代遅れ 英国 | Main | 革新市政研究~「都市間競争」という仕掛け »

教育・子育て」カテゴリの記事

生活保護、母子福祉」カテゴリの記事

反貧困」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クラブ活動、PTA会費も就学援助の対象に:

« 小選挙区制は時代遅れ 英国 | Main | 革新市政研究~「都市間競争」という仕掛け »

October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ