My Photo

« 来春から「18歳からの資本論」講座 | Main | 県議会 義務教育の国庫負担拡充の意見書可決 »

計算が合わない収支不足額  高知市

 岡崎市長は、住民説明会で、今後5年間で300億円の収支不足が生じ、「どうしてもカバーできない分63-70億円の市民負担をお願いしたい」と説明してきた。この間の想定外の財源確保にかかわらず、11日の答弁でまだ13億円収支不足と答えているが、どうしても計算があわない。

①清掃工場談合和解金    24億円
②駅前市有地売却益      8億円
③医療センター繰出金減   16億円
④容リ法による交付金    0.8億円
⑤扶助費の交付税乖離是正 13億円
 ここまでで約62億円

また、6月議会での迫議員への答弁で  
・国の臨時交付金での改善  4億円
・土地開発公社の特例債での改善 4-5億円
 と言っているので、

 それも入れると約70-71億円となる。

しかも⑤は、単年度のことでなく、今後ずっと続く話で、この基準財政需要額の是正が、来年以降、実額としてどう反映するかは不透明な部分があるが、話半分でも、4年間で20数億円となる。

 どう考えても、「どうしてもカバー」出来ない分は克服できだはずである。よって増税もゴミ有料化の財政面の根拠はなくなったはずである。

 だのに13億円の不足・・・どんな上手な「計算」をしたのか、納得できる説明をしてもらいたい。

« 来春から「18歳からの資本論」講座 | Main | 県議会 義務教育の国庫負担拡充の意見書可決 »

高知市政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 計算が合わない収支不足額  高知市:

« 来春から「18歳からの資本論」講座 | Main | 県議会 義務教育の国庫負担拡充の意見書可決 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ