My Photo

« 道州制「同じ思い」 経団連会長と総務大臣 | Main | エコチル調査 「自然の復讐」? »

今度は米フリゲート艦 高知港入港打診

Main
 今月、米救難館「セーフガード」の高知港への入港予定(台風接近で入港せず)に続いて米フリゲート艦「クロメリン」から、来月中旬の入港打診である。高知港の調査をどうしても行いたいといことか・・・
 米フリゲート艦:高知港へ寄港打診、「親善と友好」目的--来月19~22日 /毎日

 第31駆逐戦隊のミサイルフリゲート艦「クロメリン」、パールハーバーを母港としている。(写真は公式HPより)

 01年9・11同時テロ以降、イラク開戦までの間、02年、イラク周辺に、空母「コンステレーション」「リンカーン」を核とする軍事行動に参加しているようだが、公式ホームページにはその記述がない(と思う)。
クロメリン (フリゲート) 公式ホームページ 

 主な装備は・・Mk-13 単装ミサイル発射装置 1基、Mk-32 3連装単魚雷発射管 2基
 
 最近は主に、麻薬取り締まりで活動しているようだが・・・外務省の回答は、「セーフガード」と時とおそらく同じだろう・・・「核兵器搭載能力がなく、搭載していないことは疑う余地はない」と・・・
 そして知事は「外交は国の管理事項なので、県がいちいち確認する必要はない」との立場・・・

【米フリゲート艦:高知港へ寄港打診、「親善と友好」目的--来月19~22日 /毎日】
 米海軍のフリゲート艦「クロメリン」(3900トン)が高知港への寄港を打診していることが22日、分かった。11月19~22日の計4日間の滞在で「親善及び友好」が目的という。県は核兵器の搭載がなければ、入港を許可する方針。
 高知海上保安部から同日、県に連絡が入った。県によると、クロメリンは全長138メートル、幅14・3メートルで、最大搭載人員は158人。県は「ミサイルは積んでいるが、トマホークなどの核兵器型ミサイルではなさそうだ」とみている。
 県は97年の県議会の決議に基づき、外務省に核兵器搭載の有無を照会中。搭載がなく、港が空いていれば寄港を認める方針。
 県内での米軍艦寄港は、06年5月にイージス艦「ラッセル」、昨年5月にイージス艦「オカーン」が宿毛湾港に。今年は高知港に救難艦「セーフガード」が今月7~10日の寄港を打診していたが、台風18号により取りやめになった経緯がある。【服部陽】

« 道州制「同じ思い」 経団連会長と総務大臣 | Main | エコチル調査 「自然の復讐」? »

高知県政」カテゴリの記事

平和・憲法問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今度は米フリゲート艦 高知港入港打診:

« 道州制「同じ思い」 経団連会長と総務大臣 | Main | エコチル調査 「自然の復讐」? »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ