My Photo

« 女性差別撤廃「総括所見」~国際ルールを無視する日本政府 | Main | 日米FTA、高速無料化・・・自動車産業の願いと一致 »

民主党に追風? 実は、反自民、歴史のページをめくる風

 4文字スローガンで、官僚不信と自民党政治のゆきづまりを追風にしてたたかう
 4年前は、「郵政改革」「官から民」「自民党をぶっ潰す」
今は、「政権交代」「脱官僚」・・・ そして「1人勝ち」。よく似ている
 小泉旋風も、民主党への追風も、財界中心、軍事同盟中心の戦後の支配体制のゆきづまりと、それへの国民の怒りが起こした風。しかし、国民的体験を踏まえ前進している・・・

 行き詰まりの「打開」を、支配層は、市場原理主義による反動的打開、正面突破をねらい、一時、国民もそれに期待し「成功」したように見えた。が失敗・・・国民の側で、新たな形で「打開の模索」が形のうえでは「再現」されている・・・
 しかし、元祖・新自由主義の政党・民主が「福祉国家」的政策をかがけ、受け止めざるを得ないというところに特徴がうる。
 それでも、対話の中では「自民も民主もかわらないが、自民を落とさないかん」というのがほとんど・・・

長いスタンスで見れば、一回の選挙だけでは決着のつかないが、大きな変化の第一歩がはじまっていると思う。

  週刊文春の中で、村山富市・元総理がこう語っているとのこと。
「民主党に風が吹いているのう。政権交代も間違いなかろう。でも、政権が変わっても政治は変わらん。それが僕の見立てじゃよ。僕だって期待してないわけじゃないが、本質的に民主党は保守政党やからな。国家観は自民党とたいして変わらん」
 
 ある意味、短いスタンスでは本質をついていると思うが、国民の思い、たたかいがこれで終わらず、次ぎに進むと思う。
 
 資本主義の限界が真剣に議論されだしている時代である・・・歴史的を築く人類の新たなたたかいの渦中にあると感じている

« 女性差別撤廃「総括所見」~国際ルールを無視する日本政府 | Main | 日米FTA、高速無料化・・・自動車産業の願いと一致 »

選挙・政党」カテゴリの記事

Comments

政権が変わっても、政治は変わらん。
まさしく、これですよ…

自民党は「不満」
民主党は「不安」

もし今回の選挙に無関心で行かない人がいるなら…
その人に
なんで無関心か聞いてみたい…
私が感心があるのは、
政権をどの党が握るか?
そして、
民主党が政権を握った時、公明党の行動と言動…

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 民主党に追風? 実は、反自民、歴史のページをめくる風:

« 女性差別撤廃「総括所見」~国際ルールを無視する日本政府 | Main | 日米FTA、高速無料化・・・自動車産業の願いと一致 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ