My Photo

« 民主党 日米FTAでの迷走 | Main | 保護者負担が支える学校の現実 備忘録 »

「人権教育」とは~この曖昧で非科学的なもの

 24日、実行委員会が主催の「今、人権教育を考える」講演会が10市町教育委員会の後援で開催された。
部落解放同盟が最後の足かがりとしている「人権教育」であるが・・・内容のあいまいさ、立証されてない「差別が根深い」という「根拠」、公権力と個人という根本問題がなく、国民相互の関係だけに矮小化など・・基本問題を、梅田修・滋賀大教授が話しをされた。
 基本問題がよくわかるので、備忘録として残しました。

【今、人権教育を考える  梅田修・滋賀大教授】
◆同和行政の終結で、初めて「人権教育」を打ち出す
 96年意見具申 2つの側面
「実態的差別は解消。目的はほぼ完了」「差別意識はなお根深く存在している」

◆「根深い差別意識」~3つの問題
①差別意識とはなにか、その説明がなく、内容が不明確

②根深さの立証は? 人権教育の根拠なのにどこにも説明されてない。
 立証も困難・・・心の問題 「有無」の問題と「程度」の問題  
 差別意識は完全になくなったとは言えないが、それもどの程度の意識のことか。
例) あなたは妻(夫)を愛してますか。どの程度愛してますか? 普通答えに困る。
 どの程度が答えようがないにの、いとも簡単に「根深い」と規定

・「根深さ」の判断には2つの事実が必要
 1 差別的言動が頻繁に起こっている。
 2 排除する差別的慣習が残っている。  
・・・この時、根深さが推測される /今はない。あったら大問題となっている。

・事態は「根深い」というより希薄化しているという方が事実にあっている。

・にも関わらず「根深い」・・・ここがキーポイント。ここが崩れると「人権教育」の前提が崩れる

③教育・啓発で「解消」されるのか。どこで実証されたのか。実証されてないという問題

◆その後の経過
・97年 行動計画、人権擁護推進法 99年 審議会答申、人権教育啓発の基本計画を閣議決定

・文部省 指導への調査会議 5年毎に基本方針
 ~人権擁護推進審議会 97年設置、99年答申

・人権問題は、公権力と個人とのタテの関係が基本。そのあと国民相互のヨコの関係
 生存権 国、自治体の責任があって、個人の生存権が保障される タテの関係
 教育権 国、自治体が学校をつくり、先生を配置し、教科書を配布して確保できる タテの関係

・制限された論議内容~ 諮問内容が「国民相互の理解を広げる」とタテの関係がない。
  審議会もタテの議論をしていたが、会長がストップかける。「諮問内容と違う」

・答申には「公権力と個人の関係」の文章が入った。なぜか?
  批判的意見があったことと、国連からの勧告があったので、タテの関係を無視できなかった。
  → 国連人権規約委員会 加盟国に5年ごとに勧告 
    98年、日本への勧告 非嫡出子の相続が1/2、再婚禁止6ヶ月は長すぎる。婚姻年齢の差
        ~ これらはすべてタテの関係。国連も制度を問題にしている。だから言葉が入った。

・しかし、答申は具体的にはヨコの問題しか書いてない。「国民相互の理解」の問題
 例) 外国人 参政権、公務員の国籍条項はタテの関係。これは論議されず
          入店、入居拒否の問題を議論。ヨコの関係

・ヨコばかりの議論の結論 → “背景には、一人一人の人権尊重の理念の理解が不十分”
  つまり、国民の理解の不十分さ、低さが原因と結論づけた・・・ ここが問題!
 → 自分の「人権の理解が十分」と思っている人はいるか? 普通、誰もいない。みんな不十分。
    そこにもってきて「不十分」と指摘しても問題は解決しない。

・審議会での意見 
 「ちょっと待ってください。どうしてタテ議論しないのか。79年、養護学校の設置が義務化された。それまで重度障害者は学校に行けなかった。家に閉じこもっていては死期が早くなる。親の『教育保障は命の保障』という運動の成果。義務教育が大きく前進した。79年以前は『重度障害者は教育うけてもムダ』という偏見があった。79年以降は、少しずつでも発達していく姿を見て、その理解が広がる中で、少しずつ偏見が薄れていった。だから、いい制度をつくれば国民の意識が派割るんです」と
・・・ この発言に会長は「国民の意識が問題でなく、制度が影響を与えており、重要な指摘だと考える」
 しかし「ヨコの問題を議論することが諮問内容。答申に書けないが議事録には残す」と発言

・タテの問題が国民の意識に影響があたえるのは当たり前のこと
  介護づかれによる高齢者虐待も、いい制度があれば防げる。貧困ゆえの児童虐待も・・・
 * 審議会は、ヨコの問題だけを議論。これが以後の「人権教育」を規定
 *人権教育をどう考えるか  ~ 審議会には、教育関係者は入ってない。

・イメージがわかない、難しい、のでキーワードを考えようとなった。
 「命を大切にしよう」「友だちを大切にしよう」・・・ それは道徳教育ではないか。と議論になった。

・審議会では「道徳は、禁止が柱。人権は『~しよう』が柱」という程度の議論。
 議論では「混同していいのでは。道徳教育は人権教育」との意見がおおがったが、96年に初めて、それまで教育学会で使われてなかった「人権教育」という言葉出てきたので誰もイメージがわかなかった。
 審議会の議論でも人権教育と道徳教育の違いがわからない。しかし、わかるようにしないといけない矛盾。
 会長がまとめ「人権教育はこうだ、という考えを述べて、それを読む人が道徳教育と受け取ってもらってかまわない」
  → だから、道徳とどう違うか、人権教育は何か。答申には書かれてない。
    基本的人権の尊重は道徳教育の項目になっている。だから道徳教育と同じになるのは必然。

◆人権教育・人権啓発推進法 2000年
・問題にされているのは「国民の理解」。そこでの「啓発」の定義が問題。
 人権教育は、一人一人で大きく考え方が違う。研究者の考え方も違う。教育関係の辞典にも半分位しか載っていない。どういう教育が人権教育か、これから議論していくもの。
 → にもかかわらず法律で定めた。教育内容を強制「人権尊重の精神の寛容」。
   だから、行政に問うと人権教育とは「人権尊重の精神の寛容」、これしかないように言う。

・国民の責務/第6条
“人権尊信の精神の涵養につとめ、人権が尊重される社会の実現に寄与”と2つの責務を規定
→ しかし誰に対しての責務か、明らかでない。日本語としても正確でない。
  “私自身についての責務”なら、法律で規定しなくてよいもの。

・「涵養につとめる」~つまり、教育・学習することを責務と言っている。
 教育を義務のように言っており、戦前回帰の思考。/戦前は天皇に対する臣民の義務。
 しかし、憲法は教育は権利と言っている。
 →義務規定は、親が子どもに教育を受けさせる義務と、国・自治体が条件整備する義務。これしかない。
   教育は、義務でなくて権利である。

・「国民の責務」は、男女共同参画、高齢者医療でも出てくる。/「自己責任論」の発想がある。

◆人権教育の新たな展開-文部科学省の人権教育
・人権教育の指導的方法等に関する調査研究会議。まとめとして「指導編」「実践編」の膨大な資料。

・基本的な考え方~ヨコの問題だけ。国民相互の問題に矮小化。
 当初あった「人権を尊重とする原理は、歴史的に言えば、国家の人権尊重義務から派生して生じたものである。」という公権力との関係部分はすぐに削除された。
 残ったのは「人権を侵害することは、相手は誰であれ、決してゆるされることではない。・・・誰であれ、他の人の尊厳や価値を尊重し、それを侵害してはならない義務と責務を負うことを意味する」の部分。

・人権教育の独自性~ 独自なものなし。「総合的な教育」として内容が不明確、述べていない。

・「人権感覚」について
  これがややこしい。答申で初めて「人権感覚」という言葉が出てきた。
   価値思考的な「感覚」が「責務」と結びついて、態度・行動となっている。/なぜ、人権感覚をもちだしたのか、その内容も含め、はっきりしない。

・教育の目的 ~問題点
 ①ヨコの問題に矮小化、権利の主体として育てる観点が希薄
 ②具体的態度に表れることを目標とした 

 →重要な問題/いじめ…止めに入って本物になる。それ以外は不不十分という論理。しかし、悪いと分かっていても行動できないときがある。「仕返しをされる」「仲間はずれにされる」。事態はもっと複雑なのに。   
 → これは危険な発想。
 「伝統、文化」~ 教育基本法の目的は「態度を養う」ことに収斂している。
  小泉首相「心は見えないが態度は見える。国を愛する態度として、国歌国旗に対する態度を指導する」

・学校のとりくみ
 点数・評価して推進する。全体計画、年間指導計画をつくる。
 あらゆる教科の中に「人権学習」をはめ込む ~ 例/数学「論理的思考を養う。不合理を見抜く力をつける」とか。あらゆる教科に「同和」を課した古い時代の教育の復活

・「人権教育」の指導内容  
 「人権感覚」の指導/あいまい。そもそも教育の対象となるのか?
 参加型学習など例が書かれているが、それをやれば「人権感覚」がつくのかどうかわからない。

・人権教育の概念~ はっきりしない。政府文書も出るたびに内容が違う。
 →「人権教育」が定着しない事情 
①実践した経験がない。どんなものかはっきりしない。
②人権に関係しない教育はない。すべての教育が人権に関係/つまり「人権教育」という必要がない。

◆人権教育は何か ~ 考えを持っていた方がよい。2つの側面がある。
①人権としての教育  ②人権についての教育 
  ~ 教育の人権性、教育の保障自体が人権。基本的人権にふさわしい教育ととらえればよい。

« 民主党 日米FTAでの迷走 | Main | 保護者負担が支える学校の現実 備忘録 »

教育・子育て」カテゴリの記事

Comments

難しい理論はよくわからない、
だけど、現在の市民感覚。
先だって私の実姉もこの種の講演、討論に出席。

討論で意見を述べようと手を挙げたら、
出身地と学歴を問われた、と。

人権?何?と思った姉は
述べようと思っていたことは頭から消え、
出身地や学歴を言う意味は?と問うと、
意識の参考にしたい、だって。

これが行政がする人権教育。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「人権教育」とは~この曖昧で非科学的なもの:

« 民主党 日米FTAでの迷走 | Main | 保護者負担が支える学校の現実 備忘録 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ