My Photo

« 求人率 全国が高知並みに | Main | 「核密約はある」政府官僚が証言/共同通信 »

高層マンションがある景観 

 低層住宅地帯に建つ高層マンション―― 遠くから見ると周りとまったく調和してない、と感じる。現状では、こうした事態を規制する方法がない。
 かつて市民運動と力をあわせ、公害企業に、法基準を上回る協定を結ばせた市政の姿はない。
 高知市の景観計画案へのパブコメに、高知市住環境と守る連絡会が意見を提出している。
 その要旨は・・・

①条例制定手続きが、説明会も開催せず、公報で内容を説明もせず、住民の意見を反映するものになってない。まちづくりの自殺行為である。

②都市計画との整合性・・・住民参加の手続き条例も、総合的なまちづく条例もない。景観条例はそうした条例と相互補完する仕組みが必要。
また、景観整備に関わる団体を指名することになっているが、市民運動に枠をはめることになりかねない。地域の「まちづくり協議会」を設けて、自由な運動を発展させるべき。

③行政の責任があいまい。
 地区計画の同意条件を100%と壁を高くし提案を制約している。他都市では、1/2、7割の同意で提案が可能(最高裁は75%)。また届出の基準化甘い。
ゾーン設定の根拠があいまい。マスタープランは、住宅、工業、商業・業務、農業・自然緑地、公園緑地。都市美形成構想では、中心部、自由宅、河川・水系、自然緑地、田園風景、海辺、街路などと方向づけているが、景観計画は、都心、港湾、自然、低層住宅(周辺部の新興住宅地)、それ以外を周辺市街地。計画の整合性からは、もっと細分化した計画が必要。
 とくに実際の街、住宅、自然の現状から決めるべき。周辺市街地の多くは低層住宅であり、住宅ゾーンとすべき。計画の趣旨に、安全で快適な暮らしとか、成熟したコミュニティーの維持など、生きた市民が登場する構想にすべきで、住民要求を掘り起こす手立てがないこととあわせ、市民が主役の場から遠ざけられており、再検討すべき。

« 求人率 全国が高知並みに | Main | 「核密約はある」政府官僚が証言/共同通信 »

高知市政」カテゴリの記事

まちづくり」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高層マンションがある景観 :

« 求人率 全国が高知並みに | Main | 「核密約はある」政府官僚が証言/共同通信 »

November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ