My Photo

« 米軍艦 石垣寄港 「強制された友好親善はない」と市長 | Main | 複眼で考える 北朝鮮「ロケット」 »

9条維持が多数 読売調査

 読売新聞の世論調査。憲法「改正」が再び多数になったと、今日の社説では「改正論議を再活性化させるべきだ」を載せている。
 ところで、ウェブ版や社説では9条についての、この数字はわからない。
    第1項「改正の必要がある」17.7% 「必要ない」77.5%
    第2項「改正の必要がある」42.0% 「必要ない」50.9%
憲法改正「賛成」51・6%、再び多数占める…読売世論調査

 同時に、「積極的な国際協力」を切り口に、「集団的自衛権」「自衛隊の海外派兵恒久法」などが、対決点となっていることが浮かび上がる。
 九条があったから、イラクでもアフガンでも殺し殺される関係にはならなかった。アフガン、ソマリア問題を見ても、生活の安定こそが、抜本的解決の道である。
 
 さて、読売調査では、憲法への関心で「生存権、社会福祉」は前年比7ポイント増の25%と、約1.5倍加している。
 9条+25条は、新自由主義的国家改造との対決の主戦場。がんばりどころである。

憲法改正「賛成」51・6%、再び多数占める…読売世論調査  読売新聞社の全国世論調査(面接方式、3月14~15日)によると、今の憲法を改正する方がよいと思う人は51・6%と過半数を占め、改正しない方がよいと思う人の36・1%を上回った。  昨年3月調査では改正反対が43・1%で、改正賛成の42・5%よりわずかに多かったが、再び改正賛成の世論が多数を占めた。国際貢献のための自衛隊の海外派遣が増えたことや、ねじれ国会での政治の停滞などで、今の憲法と現実との隔たりを実感する国民が増えたためと見られる。  1981年から実施している「憲法」世論調査では、93~2007年は改正賛成が多数派だった。ただ、04年の65・0%をピークに賛成派が減り始め、昨年は反対派を下回った。それが今回は増加に転じた。  賛成派は自民支持層で54%(昨年比7ポイント増)に増え、民主支持層で53%(同12ポイント増)に急増した。  改正賛成の人に理由(複数回答)を聞くと、「国際貢献など今の憲法では対応できない新たな問題が生じているから」49%(昨年45%)が最も多かった。インド洋での給油活動、ソマリア沖の海賊対策への海上自衛隊派遣を巡る議論などを通じて、憲法を見直そうという意識が高まったようだ。  戦争を放棄し戦力を持たないとした憲法9条については、「解釈や運用で対応するのは限界なので改正する」38%が最も多く、昨年(31%)から増えた。「解釈や運用で対応する」33%(昨年36%)、「厳密に守り解釈や運用では対応しない」21%(同24%)は、ともに昨年より減少した。  国会の二院制については、「二院制を維持し衆院と参院の役割や権限を見直す」39%と「一院制にする」28%を合わせ、何らかの見直しを求める人が約7割に達した。  憲法で関心がある点(複数回答)は「戦争放棄、自衛隊」47%が8年連続でトップ。「生存権、社会福祉」は昨年比7ポイント増の25%に増えた。金融危機や年金不信で暮らしへの不安が増していることを反映したようだ。 (2009年4月3日00時04分 読売新聞)

« 米軍艦 石垣寄港 「強制された友好親善はない」と市長 | Main | 複眼で考える 北朝鮮「ロケット」 »

平和・憲法問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 9条維持が多数 読売調査:

« 米軍艦 石垣寄港 「強制された友好親善はない」と市長 | Main | 複眼で考える 北朝鮮「ロケット」 »

October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ