My Photo

« CEART勧告 「訳の作成も公表もしない」と文科省 | Main | 市町村合併 地方切捨てと派遣切り »

後期高齢者医療 「普通徴収」の滞納は1割強

後期高齢者医療となって、保険料を一年間滞納した場合に、資格証明書の発行が義務付けられた。資格証明書となれば、窓口負担が10割となり、医療からの排除が危惧される。
全国保険医団体連合会の調査(9月分)で、27都府県(587自治体)で17万人(普通徴収者の10.65㌫)が保険料を滞納しているとのこと。
後期高齢者保険料普通徴収者の滞納者数調査
なお、高知県は、2426人(8.74㌫)。次の広域連合議会で、焦点の1つとなるだろう。

« CEART勧告 「訳の作成も公表もしない」と文科省 | Main | 市町村合併 地方切捨てと派遣切り »

医療・介護」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 後期高齢者医療 「普通徴収」の滞納は1割強:

« CEART勧告 「訳の作成も公表もしない」と文科省 | Main | 市町村合併 地方切捨てと派遣切り »

June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ