My Photo

« 経済格差が学力に「影響」約9割 小中教員アンケート | Main | 「減益」でも30兆円の利益  »

日本 男女平等度98位 世界経済ファーラム

Cover_2008_small2
日本の男女平等度合い98位と先進国で最低。世界経済フォーラムの「ジェンダー・ギャップ指数」の2008年版。
 日本の「男女平等指数」は98位に後退 世界経済フォーラム /日経
トップクラスは、1位ノルウェー、2位はフィンランド、3位はスウェーデンと北欧勢。
 日本は、全体の順位は06年から80位、91位、98位と後退。
個別の順位は、
・経済参加と機会 102位、教育的な達成 82位、政治的な権利拡大 107位、健康と生存 38位    

 国別ランキング
「Global Gender Gap Report 2008」
(96ページに日本のスコアが出ている)
 
・経済格差は、一位がモザンビークで0.8345。北欧、アメリカが0.7台にたいし、0.544。管理職の少なさ0.11、また収入も0.45。
・教育格差は、格差なし「1.0」の一位が24カ国あり、日本も0.9854と高水準である。
・政治参加(首相、大臣、国会議員)は、北欧が0.5前後でトップクラス。日本は0.0651と順位以上に差が大きい。
・健康は、0.9796で一位が36カ国。日本は38位だが0.9791とその差はない。
 と、経済、政治での重要ポストへの社会的進出の遅れ、賃金格差の大きさが低順位の要因である。

  同報告は、男女平等は「現在の経済混乱の解決を見つけるだけでなく、今後はそのような危機も食い止めるために不可欠」(プレスリリース)と述べているとのこと。これはOECDの「Outlook・日本編」でも、日本社会が女性の優秀な才能を生かしてない、と指摘されていたと符合する。

【日本の「男女平等指数」は98位に後退 世界経済フォーラム/日経】  世界経済フォーラムは12日、世界各国の男女平等の度合いを指数化した「ジェンダー・ギャップ指数」の2008年版を発表した。日本の総合順位は前年より7つ下がり、98位に後退。女性国会議員が少なく政治面での参加が遅れ、経済面でも収入や昇進などで男女間に大きな格差が残っているためだ。  首位はノルウェー、2位はフィンランド、3位はスウェーデンで、北欧勢が前年に引き続き上位を占めた。日本は先進国で最低の評価。順位を16上げて57位に躍進した中国には大きく引き離され、イスラム諸国の一部にも抜かれた。評価対象は全130カ国で、日本は下から数えて33番目だ。

« 経済格差が学力に「影響」約9割 小中教員アンケート | Main | 「減益」でも30兆円の利益  »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/43109645

Listed below are links to weblogs that reference 日本 男女平等度98位 世界経済ファーラム:

« 経済格差が学力に「影響」約9割 小中教員アンケート | Main | 「減益」でも30兆円の利益  »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ