My Photo

« バラマキ一瞬、増税一生 「給付金」実施による混乱 | Main | 史上最高の収穫、しかし食料危機拡大の恐れ FAO »

ルールある経済を 志位さんへの注目

 私たちは、人と、そして、ものづくりを大事にしたルールある経済を主張してきた。それが、アメリカモデルのバクチ経済が破たんし、共産党の主張に注目があつまっている。
志位氏、メディアへの露出急増 派遣問題追及で 共同11/8
先日の経済同友会終身幹事の品川さんの話も同様
人間の目で見た戦争、そして経済 品川正治氏講演  
 
おもしろい風刺マンガがある。
「蟹工船」の次は自分だとマルクスさん大張り切り 日刊ベリタ

 マルクスは、生産過程を短縮し、個別資本の限界をうちやぶる役割を金融が果たすことを解明するとともに、それが、
投機-ウソとペテンの体系を生み出すこと、また、価値を生み出すのは生産労働でしかありえず、投機の利益も最終的に実態経済に規定されていることを指摘した。この本質は、まったく変わっていない。
 素朴に考えれば、人類は、餓えや恐怖から逃れ、自由を獲得するために、生産力を発展させた・・・ 宇宙に人類が出ていく、品種改良どころか人のクローンを作ることの是非が問題になる、地球中をつなぐIT技術など、生産力、科学技術は格段に進歩した。その21世紀の今に、貧困を無くせないどころか、拡大している。
 それはシステムの欠陥としか、言えないのではないか。
 
【志位氏、メディアへの露出急増 派遣問題追及で 共同11/8】
 酷使される労働者を描いた小林多喜二の「蟹工船」が異例の売れ行きを示す中、志位和夫共産党委員長の「メディア露出」が急増している。若い世代を読者に持つ雑誌が労働問題を追及する志位氏に注目、党の支持拡大戦略と一致した格好だ。
 月刊誌の12月号では、男性向け総合誌「GQ JAPAN」や経済情報誌「BOSS」、自動車情報誌「ニューモデルマガジンX」が写真入りで掲載。志位氏は「資本主義の枠内での改革」を目指すという党の現実路線を紹介する一方、派遣労働者の窮状や大企業の雇用責任を訴えた。
 共産党は10月、インターネットで動画を紹介する「ニコニコ動画」に公式コーナーを開設し、志位氏の国会質問やインタビューを公開している。閲覧者から「C」という愛称も贈られた志位氏は「共産党と一線を画していた人が壁を取り払い、期待していることを強く感じる」と語る。
 同党によると、党員数は昨年9月からの1年間で約1万1000人増え、そのうち2割程度が30代前半までの世代という。

« バラマキ一瞬、増税一生 「給付金」実施による混乱 | Main | 史上最高の収穫、しかし食料危機拡大の恐れ FAO »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ルールある経済を 志位さんへの注目:

« バラマキ一瞬、増税一生 「給付金」実施による混乱 | Main | 史上最高の収穫、しかし食料危機拡大の恐れ FAO »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ