My Photo

« 高知市 下水料値上げ 継続審議に   | Main | 人間らしい労働を 青年4600人が結集 »

政党CMの心配よりも障害者支援を

027
 選挙日程が決まらないので、巨額の費用のかかるテレビCMや新聞広告をどうするか、もう始めているので伸ばされてはこまる。などがマスコミでも話題になっている。
一体全体いつなの衆院選…みんなヤキモキ、困った! 読売
投票日を変えられない与党“3つの事情” 日刊ゲンダイ
しかし、その原資は、ほぼすべて国民の税金である。政党助成金320億円を廃止し、障害者福祉の財源にあてる、そうすればCMをどうするか心配しなくてすむ。

2008091301_03_0
障害者「自立支援」法による福祉サービスの応益負担分はちょぅど320億円。
 イメージ宣伝に何十億円も、ポンポン使うこともできなくなり、悩まなくてすむだろう。悲しむのは、収入のへるテレビ、新聞業界だけである。
「 政党の福祉の心が問われている」と大いに訴えたい。

・写真は、厚生労働省から、日本共産党国会議員団への、応益負担分廃止の必要な財源の回答文書
・図は、07年政治資金報告より

« 高知市 下水料値上げ 継続審議に   | Main | 人間らしい労働を 青年4600人が結集 »

選挙・政党」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 政党CMの心配よりも障害者支援を:

« 高知市 下水料値上げ 継続審議に   | Main | 人間らしい労働を 青年4600人が結集 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ