My Photo

« 「子どもの貧困」 読売のまっとうな提案 | Main | 「地方分権改革」の今 大森・片山対談 備忘録 »

明日 高齢者差別医療廃止・県民集会

0810spkoureisha
 15日の4回目の年金天引きは、サラリーマンの被扶養家族200万人、65~74才の高齢者世帯の国保料300万人など計625万人が加わり、合計1500万人から年金天引きが実施されます。その天引きを前に怒りの集会。医師会も協賛に加わり、いっそう幅広いとりくみに発展しています。

「後期高齢者医療制度廃止・療養病床削減反対県民集会」
 13日 13~16時 高新文化ホール
 講演 田中きよむ県立女子大教授
    田中 誠 上町病院長
 主催 県民集会実行委員会
 協賛 県医師会、県保険医協会、高知市老人クラブ、土佐清水市身体障害者連盟

 そして、21日には 県後期高齢者広域連合議会の第5回定例会が開催されます。
  午後2時 高知会館館2階・白鳳の間

 和田賢二議員が、今回も質問に立ちます。
また、7月臨時議会では議案にされなかった「廃止を求める意見書」案を提案します。

 質問の主な柱は、2度の見直しをしてもなお抜本的な見直しに言及せざるをえない「制度」の破綻ぶりを明らかにし、「廃止しかない」ことを迫る内容となる予定です。

 終末期相談支援料の凍結、高齢者担当医制度の停滞、10月から高齢者の入院にかかわる診療報酬の低下、同じ収入でも13.2倍も格差のある保険料、健保組合の相次ぐ解散など負担の枠組みの動揺、天引き増税問題、相次ぐシステム改修など自治体の負担などなど・・・

« 「子どもの貧困」 読売のまっとうな提案 | Main | 「地方分権改革」の今 大森・片山対談 備忘録 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

社会保障」カテゴリの記事

医療・介護」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 明日 高齢者差別医療廃止・県民集会:

« 「子どもの貧困」 読売のまっとうな提案 | Main | 「地方分権改革」の今 大森・片山対談 備忘録 »

November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ