My Photo

« 無料低額診療事業「届出は受理」 質問&答弁書・全文 | Main | 「夢見たいな商売」と金融恐慌の悪夢 »

二大政党に冷めた目 読売調査

 昨年の「大連立」で同質の党であることが国民の前に示されたが、「審議拒否」「審議放棄」など民主党の政局対応なとも含め、国民が二大政党を冷めた目で見ていることがわかる。マルチ商法騒動以前の調査だから現状はもっと悪いのではないか。
自・民に「不満」8割、「期待」ともに5割…読売・早大調査 10/18
 


【自・民に「不満」8割、「期待」ともに5割…読売・早大調査】
読売新聞社と早稲田大学が4~5日に共同実施した全国世論調査(読売・早大共同調査、面接方式)によると、「これまでの自民党に満足している」という人は20%に過ぎず、「満足していない」は78%だった。民主党に対しても「満足している」は17%、「満足していない」は79%となった。
 自民、民主両党とも「期待している」という答えは5割程度にとどまった。
 「麻生自民党か小沢民主党か」の政権選択となる次の衆院選を前に、有権者の目には、両党はいずれも、積極的に政権を託したい政党とは映っていないようだ。
 これまでの自民党、民主党に失望しているかどうかを聞くと、「失望している」は自民69%、民主50%だった。政権を担ってきた自民に対する失望感が強かった。これからの自民、民主に対する不安感では、自民には「感じる82%―感じない16%」、民主には「感じる75%―感じない22%」となり、自民により厳しい見方が示された。
 ただ、期待感では自民は「期待している49%―期待していない50%」、民主は「期待している50%―期待していない48%」で、ほぼ同じ結果となった。自民に対してより強かった失望や不安が、民主への期待につながっているわけではないといえそうだ。
 日本が直面する問題を解決するため、どのような政権が最も望ましいと思うかを聞くと、「民主中心の野党の連立政権」21%、「自民と公明の連立政権」20%、「自民と民主中心の連立政権」19%だった。「与野党を再編した新しい枠組みの政権」も13%あり、有権者は政治に変化を求めているものの、望ましい政治の形については明確なイメージを描けていないようだ。

« 無料低額診療事業「届出は受理」 質問&答弁書・全文 | Main | 「夢見たいな商売」と金融恐慌の悪夢 »

選挙・政党」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 二大政党に冷めた目 読売調査:

« 無料低額診療事業「届出は受理」 質問&答弁書・全文 | Main | 「夢見たいな商売」と金融恐慌の悪夢 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ