My Photo

« 財源論争 自民、民主ともにふれない「聖域」 | Main | 太郎・一郎党首対決  各紙社説 »

自衛隊トップ 自民に献金

 田母神空幕長ら自衛隊トップ7人に政治献金疑惑 自衛隊法違反か
 記事によれば、参議院選挙の1ヶ月前に7人の自衛隊トップが献金。あきらかに自衛隊出身の自民候補者への応援である。このほか匿名の個人献金が3097万円あり、組織ぐるみで献金をつのったことも想像できる。 
 自衛隊は、25万人の隊員をかかえ、4兆8千億円の税金をつかう最大の役所だ。
 

 1公務員が休みの日に職場と関係ない地域でのビラを配布した行為を「公務員の中立性を冒す」として政治弾圧を加えている警察、検察、司法、黙認している総務省など政府がどう対応するか。

 それにしても、5万円以下なら匿名で寄付できるのに、1万円とかでも名前を出して・・・ こうすれば寄付行為として、税金の還付ができるのだが、せこいというか、政治的音痴というか。現職自衛隊からの国会議員誕生への貢献に名を残したかったのか・・・ 危機管理能力ゼロ。

 それと、官僚政治のムダ使いをなくすと「明言」する民主党さんも黙認はできないだろう。
  

【田母神空幕長ら自衛隊トップ7人に政治献金疑惑 自衛隊法違反か myNews japan】
昨年7月の参議院選挙で初当選した元陸自1佐・佐藤正久参議院議員(自民)の政治資金管理団体に、田母神俊雄・航空幕僚長や折木良一・陸上幕僚長ら制服組トップを含む7人の現職幹部自衛官が、計46万円の政治献金をしていたことがわかった。政治的中立を求めた国家公務員法違反の疑いがあるだけでなく、隊員の「政治的行為」を厳しく制限した自衛隊法に違反する可能性が極めて濃厚だ。政界が混乱する中、約4兆8000億円もの税金をつぎ込む国内最大級の役所・防衛省の「政治的中立」は崩壊寸前だ。
 
 ・・・・ リードだけ紹介します

« 財源論争 自民、民主ともにふれない「聖域」 | Main | 太郎・一郎党首対決  各紙社説 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自衛隊トップ 自民に献金:

« 財源論争 自民、民主ともにふれない「聖域」 | Main | 太郎・一郎党首対決  各紙社説 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ