My Photo

« 自民総裁選 そして「ジャーナリズム崩壊」 | Main | 民主、自民のCM 原資はみなさんの税金 »

神の手はどこにいった?!

 市場に任せればすべて上手くいく。規制をなくせば資金は最適配分される・・・ そういって、アメリカは、日本にアメリカ型市場主義を押しつけてきた。日本の中にも小泉、竹中というエージェンシーがいた。
 透明性をあげろ、潰れるものはつぶせ、護送船団方式はやめろ・・・そして長銀など外資の食い物にしてきた。
 ところがどうだ。
住宅公社救済、米財務省が異例の説明 債券保有の邦銀・生保に 日経

 政治力で、他国の金融機関に米連邦住宅貸付抵当公社関連の債権を売らないでくれ、と頼んだわけだ。
 シャドウバンクにより会計の実態はわからない。負債総額もわからないうちから、米国債との交換など実質的な公的資金投入での金融機関救済、そして他国の金融機関にも政治的圧力で介入・・・ モラルハザードというか、いや、フリードマンのいうように「企業の社会的責任は、株主の利益」というなら政治力を使ってでも利益を確保するのは「正論」なのかもしれない。
 ただはっきりしてるのは「神の手はなかった」・・新自由主義の破たんである。WTOの農業交渉をふくめ、根本から考え直すべきだ。
 
 さきのジャーナリスト論とかかわるが、公務員の不祥事は、いつも「だから官は・・・」というカテゴリーで語られる。では、サブプライム問題、次々明らかになる「偽装」・・・「だから民間は・・・」とは語られない。そこにすでにバイアスがかかっている。
 事実はどれも具体的だ。「だから○○は・・・」と一括りで表現した瞬間、思考停止に陥るように思う。そこに権力と癒着した情報の操作があるのでは・・

« 自民総裁選 そして「ジャーナリズム崩壊」 | Main | 民主、自民のCM 原資はみなさんの税金 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 神の手はどこにいった?!:

« 自民総裁選 そして「ジャーナリズム崩壊」 | Main | 民主、自民のCM 原資はみなさんの税金 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ