My Photo

« 国民負担率の10%増を 高知市長 | Main | 汚染米から見える規制緩和・自由化 »

「偽装研修」と監督機関

 派遣、偽装請負など若者を使い捨てにする雇用形態が大問題になっているが、米国国務省に「世界の人身売買の実態に関する報告書」のなかで一部に「強制労働の状況にある」と指摘された外国人研修生・実習生を使い捨てにする「偽装研修」をダイヤモンドオンラインが取り上げている。
劣悪な労働環境に悲鳴続出! 途上国研修生の「現代版女工哀史」 安田浩一
 私たちの事務所にも二年ほど前、ベトナムの方から告発と相談がきたケースがあった。

 山梨県のクリーニング工場の実態を軸に告発している。時給300円、超長時間労働、劣悪な住環境、事実上の監禁状態、改善要望への暴力的弾圧などなど・・・
 外国人研修生・実習生は、中国人やベトナム人を中心に約18万人いるが、単に安上がりの労働力をしてい利用され、多発する事件に労働基準監督署も手が回らないという。
 問題は監督機関であるJITCO(国際研修協力機構)。理事に御手洗経団連会長ら財界トップがずらりとならぶ。06年5月の参議院で、小池晃議員は、「JITCOの収入の約半分が受け入れ企業からの資金収入で占められている」「“お客さん”である受け入れ企業に厳しい指導ができるのか」と指摘している。
 外国人研修制度の違反企業 指導できる機関を 小池晃質問 06年5月

 それは日本のアジアでの立ち位置にもかかわる。「ずっと日本に憧れていた。その憧れの国で、こんな仕打ちを受けるとは思わなかった・・・」と言う外国人研修生の言葉がルポには載っているが、きちんとしたルールを確立し、生存権を保障する・・そうした隣国との共感と信頼を深める道だろう。
 逆に言えば、だから財界などは受け入れの拡大とともに、軍事力強化を言うのかもしれないと思ってしまう。

◆JITCO 理 事  08年7月
金井 務 会長〔(元)社団法人経済団体連合会副会長〕
高野利雄 理事長〔(元)名古屋高等検察庁検事長〕
佐田通明 専務理事兼事務局長〔(元)厚生労働省東京労働局長〕
工藤高史 常務理事兼総務部長
神谷 武 常務理事兼国際部長〔(前)在リオデジャネイロ日本国総領事館総領事〕
安城 要 常務理事兼企業部長〔(元)工業技術院物質工学工業技術研究所総務部長〕
木島正芳 常勤理事兼出入国部長〔(前)法務省東京入国管理局長〕
稲田 敏 常勤理事兼能力開発部長〔(元)厚生労働省宮城労働局長〕
青木 哲 社団法人日本自動車工業会会長
石原邦夫 東京海上日動火災保険株式会社会長
梅田貞夫 社団法人日本建設業団体連合会会長
大島賢三 独立行政法人国際協力機構副理事長〔(前)特命全権大使国際連合日本政府代表部常駐代表〕
大坪文雄 松下電器産業株式会社社長
岡村 正 日本商工会議所会頭
勝俣恒久 電気事業連合会会長
金子和夫 財団法人海外技術者研修協会理事長〔(元)国土庁官房審議官〕
佐伯昭雄 全国中小企業団体中央会会長
桜井正光 社団法人経済同友会代表幹事
佐藤正敏 株式会社損害保険ジャパン社長
澤田陽太郎 中央労働災害防止協会理事長〔(元)厚生労働事務次官〕
下妻 博 社団法人関西経済連合会会長
杉山清治 全国銀行協会会長
清家 孝 全国商工会連合会会長
張富士夫 トヨタ自動車株式会社会長
辻井昭雄 近畿日本鉄道株式会社相談役
中山 眞 社団法人日本電機工業会会長
西口廣宗 社団法人全国地方銀行協会副会長
丸山 誠 独立行政法人雇用・能力開発機構理事長
御手洗冨士夫 社団法人日本経済団体連合会会長
宗岡正二 社団法人日本鉄鋼連盟会長

« 国民負担率の10%増を 高知市長 | Main | 汚染米から見える規制緩和・自由化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「偽装研修」と監督機関:

« 国民負担率の10%増を 高知市長 | Main | 汚染米から見える規制緩和・自由化 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ