My Photo

« 京都市議補選 定数1で共産・佐野さん勝利 | Main | 自民総裁選 「若干のニュアンスの違い程度」伊吹財務相 »

米住宅公社へ公的資金投入 新たな崩壊の始まり

 市場の混乱を「避ける」るために、米政府は、経営難に陥っている連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)と連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)を政府の管理下に置き、経営状況に応じ段階的に公的資金を注入する発表した。
 それで株価で一次的にあがっているが、 MBS(住宅債権担保証券)市場は“救われ”ても、米国債市場とドルはどうなってしまうのか。新たな崩壊のはじまりのような気がする。
「米国住宅公社」と世界経済 “魔法”がもたらした逆転のリカップリング  08/09/05 ダイヤモンドオンライン
「サブプライム問題がサブプライムだけに留まらない理由」日経ビズプラス
双子の赤字を抱えるアメリカが公的資金として投入するドルは、輪転機でいくらでも印刷できる紙切れでしかない。今は、日本100兆円とか中国も50兆円の外貨準備の多くを米国債を買って、資金がアメリカに環流(ドル買い)をしているので、ドルの暴落が起きてないが・・・ そんなサイクルがいつまで続くのか。

 アメリカは多額の公的資金投入、アメリかの不況による日本、中国の経常黒字の減少。これまでがんばって買い支え、ドル暴落を回避してきたが、まだその体力があるか・・・ 買い支えができなければ、ドルは暴落する。サラ金財政で消費を拡大し、世界経済をリードしてきたアメリカは、外国からモノが買う値段が暴騰し、消費は一気に冷えるる。「ドル基軸通貨」の体制の崩壊である。
 なにせ、MBS(住宅債権担保証券)の発行額は米国債の発行額を抜いている。両社のMBSを抱え込めば、米国の政府債務は2倍になる。全MBSに責任を持つことになれば、政府債務は3倍に膨れ上がる。

 資金ショートする金融機関に金融緩和など資金を提供する、あらたに投機マネーが増殖する・・・金・ドルの交換停止以来、とくに90年代の世界的な金融自由化により、バブルとバブル崩壊を10年ごとに繰り返してきた。
 根本には、多くの過剰資本がありながらも、もはや実質経済、人々の幸福を前進させるための投資ではなく、利潤第1、金で金を生むことに汲々とする資本主義の「腐朽性」と「寄生性」を顕在化した姿であり、「限界」という文字が浮かぶ。

  新自由主義によれば、「規制緩和すれば、資金配分の効率性が高まる」というが、原油や穀物の高騰とあわせ、「効率」どころか、人類の生存さえ脅かしてい.るのだから・・・

  持続可能な社会をつくるためには、巨大化した生産力を「理性」のコントロールのもとに置かないといけない。

« 京都市議補選 定数1で共産・佐野さん勝利 | Main | 自民総裁選 「若干のニュアンスの違い程度」伊吹財務相 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 米住宅公社へ公的資金投入 新たな崩壊の始まり:

« 京都市議補選 定数1で共産・佐野さん勝利 | Main | 自民総裁選 「若干のニュアンスの違い程度」伊吹財務相 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ