My Photo

« 保育の充実が女性の就労促進 内閣府資料 | Main | 格差世襲~子どもの貧困 »

政党助成金を廃止し障害者支援─南米政権を見習え

 「消費税増税」の前に、無駄ゼロをという自民と民主。しかし、「政党助成金の廃止」の声はまったく聞こえてこない。
 年320億円。の国会議員一人当たり約4700万円!
 税金の割合は、自民党は人件費の90%、宣伝事業費の99%、機関紙誌経費の97%。民主党は経常経費の97%、選挙関係費、機関紙誌経費の100%。
 市場原理主義に対抗して、国民の生活第1の左翼政権誕生が続く南米で、ボリビアは、政党助成金制度を廃止する法案を、賛成多数で可決しました。

 ボリビアの政党助成金制度は、1980年代に導入されたもので、この制度を廃止することによって生じた資金(年6億2000万円)は、障害者支援の基金に充てられる。
 その真意について、MAS(与党・社会主義運動)の議員は、「政党助成金は、使途不明金や不正利用が後を絶たず、国民の批判を浴びてきた。MASは2002年以来、助成金を全額返還し、自前で資金をつくっている。貧しい国民がいる一方で政党がぜいたくをするのは間違いだ」と。「庶民の暮らしが大変」と真剣に思っているなら、日本の他の政党(日本共産党以外)は南米に学ぶべきだ。
 ちなみに民主党は、税金投入がなければ、まったく活動できない。財界は、自らの支配体制維持のために、自民党批判の受け皿としてつくった民主党を「生かす」ために、政党助成金には何も言わない。また、多くが新聞、テレビのCMに使われているためマスコミも沈黙している。
 無駄ゼロの出発点は、あれこれ言う前に、政党自らが「政党助成金をなくすこと」…それを言えない「無駄の削減」の話は、パフォーマンスでしかない。

« 保育の充実が女性の就労促進 内閣府資料 | Main | 格差世襲~子どもの貧困 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

選挙・政党」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 政党助成金を廃止し障害者支援─南米政権を見習え:

« 保育の充実が女性の就労促進 内閣府資料 | Main | 格差世襲~子どもの貧困 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ