My Photo

« 「マルクスの亡霊」に怯える資本主義 | Main | 「退去のご案内」? 雇用促進住宅  »

年金記録統合 減額にも本人同意が必要

7月30日、対政府交渉より・・
年金記録の統合をしたことによって、支給年金額が減額、過払い分として返金される事態が各地で生まれている。そもそも国のずさんな管理に一番の問題があるのに、突如、多額の返金は、現実問題としてきびしい。
その点について、担当者は「統合はその人の同意がないとできない。『自分の記録ではない』『統合に同意できない』という方を無理矢理統合させることはできません」と発言。
つまり同意しなければ減額されない、ということ。
 最終的には本人の判断によるのだが、こうした事情は当然ながら、丁寧な説明はされていない。

« 「マルクスの亡霊」に怯える資本主義 | Main | 「退去のご案内」? 雇用促進住宅  »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

社会保障」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 年金記録統合 減額にも本人同意が必要:

« 「マルクスの亡霊」に怯える資本主義 | Main | 「退去のご案内」? 雇用促進住宅  »

November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ