My Photo

« 貧困と労働シンポ~貧困は人権問題 | Main | 「だまし討ち」の連続 公明党 »

輸入米に対し強く言えるのは・・・自民党国会議員

080823z
 23日、青森市であった農業危機突破決起集会での模様・・・
「自由化をもとめるWTOの交渉が決まったら日本の農業は破滅する。どう交渉にのぞむのか」「減反しながら輸入米を入れた。耕作放棄地が増えたのは米価が安いからだ。誰の責任か!」と厳しく迫る会場からの発言に対し、民主党議員が「おっしゃる通り。自由化で日本の農業がだめになった」とWTOに関連して自民党を批判。
自民党の江渡衆院議員は「ミニマムアクセス米の導入は、細川内閣だった」と民主を批判。「唯一強いことを言えるのは、共産党ぐらいしかない」と応酬したとのこと(下記に高橋ちづ子通信)
 「農家の経営安定策を」青森でJA総決起集会 デーリー東北(2008/08/24)

・WTO合意をうけいれコメ輸入自由化に道をひらいたのは細川内閣
   社会、新生、公明、日本新党、民主、さきがけなど
・コメ輸入自由化を盛り込んだ協定・関連法案を国会に提出したのは村山内閣
   自民、社会、さきがけ

 高知の大会では、公明・石田農水副大臣「食は命。質の安全と量の確保、担い手の安心がなければ日本国の安全保障は保たれない」、自民党、山本衆院議員「食とエネルギーを過度に海外に依存すると国が滅びる。自給率100%をめざせ」(高知民報8/31より)・・・
 ひどいものだ・・・・ こういうのを「厚顔無恥」と言うのだろう。青森の自民党はまだまし?と思えてくる。

 【高橋ちづ子通信 8/26  「自民対民主と名誉ある野党」】  23日、青森市の県農業会館で、JA主催による農業危機突破大会が開催され、500名が参加しました。私は冒頭、「全国で今日のような集会が開催され、この運動が現実の政治を動かしています」と訴え、原油高騰には投機マネーに規制を。当面は値上がり分に直接補てんが必要。そして、農業再生プランで対話と共同を進めてきたことを紹介しながら、「党派を超えて危機突破しましょう」と訴えました。  会場からは、「WTO協定について与党の考えを聞きたい。減反しながら輸入米を入れた。耕作放棄地が増えたのは米価が安いからだ。誰の責任か!」と厳しく迫る発言がありました。先に退席する民主党の議員が「おっしゃる通り。自由化で日本の農業がだめになった」と延々発言したため、今度は自民党の議員が「WTO,米輸入自由化の時の内閣は誰ですか。反対したと胸をはれるのは、共産党だけじゃないですか」と応酬したのでびっくり! 財源論をめぐり、自民と民主の批判合戦に司会者が「それは永田町でやって」と制止。でも、一番情けなかったのは民主党の新人議員です。「まだ野党なので、今要望を受けたことを実現できない。だから、それまでは自民党議員に頑張ってもらいましょう」と!?

« 貧困と労働シンポ~貧困は人権問題 | Main | 「だまし討ち」の連続 公明党 »

環境・農林漁業」カテゴリの記事

選挙・政党」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 輸入米に対し強く言えるのは・・・自民党国会議員:

« 貧困と労働シンポ~貧困は人権問題 | Main | 「だまし討ち」の連続 公明党 »

November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ