My Photo

« 大分教員採用不正と同和行政 | Main | 8月 反貧困全国キャラバン西日本ルート in 高知 »

耐震化・子どもの命より道路 県議会質問戦 

 11日、つかじ県議が代表質問をおこなったが、尾﨑知事は、政治家というより「国の役人」という印象をいよいよ強くした。
 特に、急がれる耐震化について「高速道路の建設を半分(国負担344億→172億円。県負担77億→38億円)にすれば、今回の国の措置で190~280億円の事業ができる」と、道路特定財源の一般財源化が閣議決定されているもとで、必要な予算を確保する大胆な施策の転換が必要とせまったが・・・ 
 

 具体的に答弁せず“学校の耐震化は大事”“必要な予算を確保に全力つくす”というだけで、2問、3問の中でも、“道路特定財源の時と知事の姿勢、迫力がちがう”と指摘し、県としての市町村への補助など「耐震化予算をどう増額するつもりか」と質問したが、それすら答弁はしなかった。
結局、いくら知事が「耐震化が大事だ」といっても、結論は、子どもの命より、道路建設・・・国のメニューをどうこなすかで、地方から大胆に発信する姿勢はない。

 他でも顕著・・・ 以下のような主旨の答弁だった。
・後期高齢者医療制度 「10年にわたり議論し、これからの時代を見据えた制度」と評価。
・教育振興計画 「めざすべき方向が明確にされ、道筋が示された。総合的かつ計画的な推進がなされる」
・イラク空自違憲判決 「国として判断すること」
・宿毛湾 「軍港化の危険はない」
・NLP 「具体的な話は聞いてない。所見を言う立場にない」
  宿毛議会で議論されているのに、「逃げ」の姿勢もはなはだしい。

ただ、まじめで一生懸命なのはわかる。特に今回は、副知事などからもチェックをうけ、庁議で決まったこと以上を言うな、という感じで、ひたすら原稿を読んでいた。だから、中西議員が質問した財政論になると、ノー原稿で10分あまり生き生き語っていたそうな。
 役人でおわるか、対話を通じ政治家に化けるか、これからか?

« 大分教員採用不正と同和行政 | Main | 8月 反貧困全国キャラバン西日本ルート in 高知 »

高知県政」カテゴリの記事

地方自治」カテゴリの記事

南海大地震、防災」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 耐震化・子どもの命より道路 県議会質問戦 :

« 大分教員採用不正と同和行政 | Main | 8月 反貧困全国キャラバン西日本ルート in 高知 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ